【VOLVO】エンブレムの意味と由来+おまけ『エンブレムの色の変え方』

スポンサーリンク
  • ボルボエンブレムの意味は?
  • エンブレムの由来って何?
  • エンブレムの色って変えられないの?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、ボルボエンブレムに込められた意味と由来、そして色を変える方法をご紹介します。

結論から言うと、エンブレムには『製鉄』と『ベアリング』が関係しています。

なぜなら、ボルボが生まれた国であるスウェーデンと母体となるSKFという企業が密接に関係しているからです。

以降で、具体的にまとめていきます。

スポンサーリンク

ボルボエンブレムに込められた意味

ボルボのエンブレムといえば、♂マークに似ていますよね。

正式には「アイアンマーク」と呼ばれているのですが、このアイアンマークには2つの意味が込められています。

2つの意味を持つアイアンマーク

アイアンマークは右斜め上を指す矢印は「製鉄」○印は「ベアリング」を意味しています。

もちろん、製鉄とベアリングそれぞれの意味には列記とした由来があります。

ボルボエンブレムの由来

アイアンマークは製鉄の象徴である「ハーフクロス(半斜線)」ベアリングの「円」が合わさったデザインが特徴的です。

それぞれの意味は、ボルボが生まれた国である「スウェーデン」とボルボの母体である「SKF」というベアリング企業が関係しています。

より具体的に、由来について説明していきます。

スウェーデン鋼の『製鉄』

ボルボ創業の地、スウェーデンは昔から錆に強いと言われるスウェーデン鋼で有名でした。

鋼の「頑丈で信頼性が高い」イメージを活かしたいという想いから「製鉄」が用いられています。

昔から車好きの間では「ボルボ=頑丈」と言われいたのはここからきているのかもしれませんね。

母体SKFの『ベアリング』

ボルボの母体は、世界的に有名な「SKF」というベアリングメーカーです。

「VOLVO」はラテン語で「私は廻る」を意味し、元々はSKFのベアリング商標でした。

こうした歴史を踏襲するようにエンブレムにはベアリングが用いられています。

マークの刷新

実はボルボのエンブレムは、1927年の初代モデルに採用されたアイアンマークから、2006年に刷新されて現在のエンブレムとなっています。

詳しくはコチラ

画像を見ると、昔の初代モデルは四角のデザインに対して、現在のマークは丸いフォルムとなっていることがわかります。

公式の見解はわかりませんが、近年の車が丸みを帯びたデザインを主流としていることから時代の変化を感じさせます。

おそらく空力学や成型技術の発展など様々な要因がありそうです。

おまけ:エンブレムの色を変える方法

ここからはおまけ情報となりますが、エンブレムに刻まれた「VOLVO」の文字背景色を青や黒から変えたい方のために調べてみました。

すると、車体の色に合わせてエンブレムの青い背景色を黒に変えている記事を発見したので、よければリンクをご参考ください。

交換用の黒いエンブレムはAmazonから購入可能です。

青いエンブレムもAmazonで取り扱いがあります。

まとめ:アイアンマークは製鉄とベアリング

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  • ボルボエンブレムの正式名称は「アイアンマーク」
  • 「製鉄」と「ベアリング」の二つを意味する
  • 製鉄=頑丈で信頼性が高い
  • ベアリング=ボルボの母体がベアリングメーカー
  • マークの色は青から黒なら変えられる

ボルボのエンブレムについてまとめさせていただきましたが、本記事のようにボルボの関連情報を不定期でまとめています。

よろしければ、他の記事も合わせてご覧ください。

コメント