【VOLVO】V40オーナーがボルボの魅力を紹介『3つのメリットデメリット』

スポンサーリンク
  • VOLVOって実際どうなの?
  • どんなところが魅力なの?
  • メリット・デメリットは?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、VOLVO(ボルボ)車のオーナーである筆者が、VOLVOの魅力や不満をメリット・デメリット踏まえて解説していきます。

本記事に向いている方
  • VOLVO車を検討している
  • オーナー特典を知りたい
  • 北欧の文化やデザインが好き

結論から言うと、筆者はVOLVOを選んで大満足です。

なぜなら、VOLVOが安心安全な車であることはもちろん、ディーラーの対応も充実していて家族みんな満足度の高いプレミアムな体験を得られているからです。

本記事を最後までご覧いただき、あなたの車選びの参考にしていただければ幸いです。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

【VOLVO】オーナーが解説:3つのメリット

まずは、VOLVOオーナーとなった際のメリットを3つご紹介します。

VOLVO『3つのメリット
  1. ショールームに行くのが楽しくなる
  2. オーナー特典が充実している
  3. 先進安全装備で安心して運転できる

メリット①:ショールームに行くのが楽しくなる

VOLVOオーナーのメリット一つ目は、「ショールームに行くのが楽しくなる」です。

VOLVOのショールームは、オシャレなカフェのような空間となっているので、行くだけでテンションが上がります。

もちろん、店舗内は北欧家具で統一されているため、VOLVOの発祥地であるスウェーデンの世界観を存分に堪能できます。

また、スカンジナビアデザインという北欧独自のデザインを取り入れているため、シンプルかつ機能的なインテリアが目を惹きます。

なお、ウェルカムドリンクとして提供されるお菓子とコーヒーも北欧にこだわった輸入品で、とても美味しいです。

ちなみに、VOLVOのショールームで提供される紅茶は、スウェーデン王室をはじめ、世界中で愛飲されるセーデルブレンドという高級な紅茶なります。

なので、VOLVOのショールームでウェルカムドリンクをいただく際は、メニューの「北欧紅茶」を選ぶことをオススメします。

メリット②:オーナー特典が充実している

VOLVOオーナーのメリット二つ目は、オーナー特典が充実している」です。

VOLVOと国産車のディーラーを比較すると、VOLVOの方がオーナー特典が充実しているように感じます。

参考として、オーナー特典を3つほど紹介していきます。

VOLVOオーナー特典
  • VOLVO限定電子マガジンが無料
  • オシャレなカレンダーが貰える
  • イベントに招待してもらえる

VOLVO限定電子マガジンが無料

VOLVOオーナーになると、VOLVOが1年に4回発行する電子マガジンが無料で読める特典があります

一冊のボリュームは市販の雑誌ほどありませんが、北欧の文化や暮らしを学ぶことができます。

また、定期的に発行されるため、北欧でどんなもの流行っているかなどのトレンドにも詳しくなれます。

オシャレなカレンダーが貰える

年末になるとVOLVOのディーラーから、ボルボ限定カレンダーが無料で届く特典があります。

また、同封のチラシをディーラーへ持って行けば、先着順で壁掛けカレンダーをもらえたりと企画も充実しています。

カレンダーのページには、VOLVOの最新車種だけでなく、往年の名車といった渋いクラシックカーが描かれています。

イベントに招待してもらえる

VOLVOの創業記念や開店記念など、節目の年などに行われるイベントに無料で招待いただける特典ああります。

一例としては、オーナー限定バーベキューなどが開催されます。

自分と同じように、VOLVOのオーナーと交流できる場を設けていただけるのは嬉しいですよね。

なお、お子様がいらっしゃる家庭は、家族で参加することもできます。

メリット③:先進安全装備で安心して運転できる

VOLVOオーナーのメリット三つ目は、先進安全装備で安心して運転できる」です。

VOLVOといえば、なんといっても高い安全性能が一番の特徴です。

その分、車両価格は一般的な国産車に比べて少しだけ高いものの、すべての車種に先進安全装備が標準で搭載されています。

街中で運転していた際、車線変更や急な飛び出しをされた時でも、VOLVOであれば車が危険を察知してすぐにアラートで知らせてくれます。

筆者が運転しているVOLVOのV40については下記の記事でまとめています。

>>VOLOVOのV40を半年乗った感想まとめ

【VOLVO】V40オーナーが解説:3つのデメリット

次に、あまり強くは感じませんが、以降でVOLVOのデメリットを3つ紹介していきます。

オーナー『3つのデメリット』
  1. 人によっては嫉妬を買う
  2. 車に無関心な人への説明が面倒くさい
  3. ディーゼルじゃないと燃費が悪い

デメリット①:人によっては嫉妬を買う

VOLVOオーナーのデメリット一つ目は、「人によっては嫉妬を買う」です。

人は皆それぞれ価値観が異なるので、「なんでボルボにしたの?」「国産でいいじゃん」といった、トゲのある言葉をかけられることがあります。

傾向としては、車にあまり関心がない人や国産以外を視野に入れていない人に多い考え方だと感じます。

とはいえ、VOLVOは国産車とは違ったアプローチを持つプレミアムブランドなので、自分が気に入っているのであれば他人の意見は気にしないようにしましょう。

デメリット②車に無関心な人への説明が面倒くさい

VOLVOは輸入車の中でも、ドイツ車のようなメルセデスベンツやBMWほど知名度がありません。

そのため、車に関心がない人にVOLVOを選んだ理由を聞かれると、説明がちょっと面倒くさいです。

安全性やデザイン、購入後のサービスなど、VOLVOの考え方に共感して選んでいる方にとっては、一言で済ませるのは難しいと言えるでしょう。

デメリット③ディーゼルまたはハイブリッドじゃないと燃費が悪い

VOLVOも最近では少しずつよくなってきていますが、燃費はそこまでよくはありません。

VOLVOのガソリン車は基本的にハイオクなので、一般的なレギュラーのガソリン車と比べてリッターあたり10円ほど高くつきます。

※VOLVOのV40は、リッターあたり10㎞前後の燃費(参考値)

初期費用に余裕のある方は、VOLVOのディーゼルエンジンまたはハイブリッド車を選ぶことでガソリン代を節約することができます。

追記:今後はEV車が当たり前の時代になってくるので、思い切ってEV車を検討されることをお勧めします

まとめ:ボルボは安心安全とプレミアムな体験を提供してくれる

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

オーナー『3つのメリット』
  • ショールームがオシャレで楽しい
  • オーナー特典が充実している
  • 先進安全装備で安心して運転できる
オーナー『3つのデメリット』
  • 人によっては嫉妬を買う
  • 車に無関心な人への説明が面倒
  • ちょっと燃費が悪い

結論として、筆者はVOLVO車を選んで大満足です。

なぜなら、VOLVOが安心安全な車であることはもちろん、ディーラーの対応も充実していて家族みんな満足度の高いプレミアムな体験を得られているからです。

本記事の内容をあなたの車選びの参考にしていただければ幸いです。

※ちなみにボルボディーラーの方は全員、オーダースーツSADAのスーツを着ています(カンブリア宮殿で紹介されていました)

また、VOLVOのエンブレムに込められた意味についても下記の記事でまとめているので、興味があれば合わせてご覧ください。

>>【VOLVO】エンブレムに込められた2つの意味+おまけ情報【アイアンマークの由来】

体験
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『さぼる』をフォローする
スキマプット

コメント