スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

製品

【XENO】カードの遊び方〜ルール・人数・最適な場面〜

更新日:

  • XENOってどんなルール?
  • 何人でプレイするのが最適なの?
  • どんな場面で遊ぶのが適してる?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、XENOの基本的なルール、最適なプレイ人数、遊びに適した場面をご紹介します。

XENOの基本的なルール

XENOの基本的なルールは、公式サイトの内容をもとに説明します。

  • プレイ人数:2〜4人
  • プレイ時間:3〜10分

内容物の確認

カードは全部で22枚あります。

数字のついた「ゲームカード」はそのうち18枚

残りの4枚は、数字カードの効果が一覧で確認できる簡易的な「ルールカード」です。

※ルールカードの裏面に記載されたQRコードを読み取れば、詳細ルールを公式サイトで確認できます。

ゲームの準備(3人でプレイする場合)

準備はとても簡単です。

  1. ゲームカードをシャッフル
  2. 手札として各プレイヤーに1枚ずつ配る
  3. 残ったカードは中央に裏向きに重ねておく(山札)
  4. 山札の1番上の1枚は中身を見ずに、山札の隣へ横向きにして置く(転生札)。
  5. ジャンケンなどで開始プレイヤーを決める

※転生札は、英雄が皇帝以外に脱落させられた場合に復活できる札です。

ゲームの流れ

手札から出すカードの効果で、相手プレイヤーの手札を見たり脱落させたりします。

※カードの効果は公式サイトをご参考ください。

  1. 山札からカードを1枚引き、手札に加える
  2. 2枚になった手札から必ず1枚を出す
  3. 出したカードの効果を発動させる
  4. 時計回りで他プレイヤーも同様に1〜3を進めていく
  5. 決着がつかない場合は、残り手札の数字で勝敗が決まる

✔︎山札から1枚引いて手札に加える(写真は「9の皇帝」)。

✔︎2枚になった手札から1枚選んで場に出す(ここでは、1の「少年」を出します)。

✔︎出したカードの効果を発動させる(1の少年の効果は「革命」)。

✔︎時計回りで他プレイヤーも同様に進めていく。

✔︎手札がなくなるまで決着がつかない場合は、残り手札の数字の大きさで勝敗が決まる(この場合、10の「英雄」が勝者です)。

最適なプレイ人数は?

心理戦と頭脳戦、そして運の3要素があるゲームなので人数が多い方が盛り上がります。

4人がオススメ

公式ルールでは、プレイ人数が2〜4人と定められているので、一番人数が多い4人だとゲームの複雑性が増して盛り上がります。

とはいえ、カードの枚数が少ないので、最小人数の2人の場合、じっくり楽しめるメリットがあります。

8人プレイも可能!?

非公式にはなりますが、カードを2セット用意して、最大プレイ人数を8人に増やすこともできます。

ルール上、問題はないかと思うので、どうしても大人数でやりたい時は試してみてください。

通常版であれば、XENOは一つ700円とリーズナブルなのでお買い求めしやすいのも嬉しい点です。

遊びに最適な場面

ルールがシンプルで、数回プレイすればカードの効果を覚えられるので、自宅に限らず、旅先や友人宅で30〜1時間くらい遊ぶのに最適です。

1プレイ3〜10分程度なので、だいたい5〜10回は遊べます。

通常版であれば、サイズはタバコの箱より小さいので持ち運びも不便になりません。

まとめ:遊び方がわかったら通常版と豪華版の違いを知ろう

紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  • 心理戦、頭脳戦、運の3要素
  • 基本は2〜4人で遊べる
  • 持ち運びが楽で場所を選ばす遊べる

XENOの遊び方がわかったところで、通常版と豪華版の違いについて知りましょう。

よろしければXENOの通常版と豪華版の違いをまとめた記事を合わせてご覧ください。

XENOまとめ記事はこちら

-製品
-,

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.