中田敦彦愛用ボールペン『ぺんてるリキッドゲルインキ1.0㎜ボール』【マッキンゼー流メモ術】

スポンサーリンク
こんな疑問をお持ちのあなた
  • 中田敦彦愛用のボールペンは?
  • どんなメモの取り方をしている?
  • マッキンゼーメモ術って?

本記事では、パーフェクトマッキンゼーライフを送る中田敦彦さんの愛用ボールペンと活用方法を紹介していきます。

結論から言うと、中田敦彦さんはぺんてるのリキッドゲルインキ1.0㎜ボールのボールペンを使ってマッキンゼー流メモ術を実践しています。

マッキンゼー流メモ術を取り入れた中田敦彦さんはメモを4つのルーティンに分類してファイリングする活用方法を継続中です。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

【中田敦彦】愛用『メモ用紙とボールペン』【パーフェクトマッキンゼーライフ】

パーフェクトマッキンゼーライフとは、中田敦彦さんがYouTube大学の動画で紹介したマッキンゼー流メモ術を取り入れた生活のことです。

簡単に説明すると、メモした内容をジャンル別にファイリングして悩みを解決する手法を指します。

マッキンゼー流メモ術の具体的な方法については、記事後半で解説しています。

愛用ボールペン:ぺんてるリキッドゲルインキ1.0㎜ボール

マッキンゼー流メモ術を取り入れた中田敦彦さんは、指定のボールペンが合わなかったことからぺんてるリキッドゲルインキ1.0㎜ボールにたどり着きました。

マッキンゼー流メモ術を取り入れる前はRomeoボールペンとノーブルノートを愛用していましたが、「今は完全にマッキンゼー流ですね」とコメントするほどスタイルが変化しています。

また、「マッキンゼーよりもマッキンゼーしてる」という動画の発言からは、新たなスタイルを確立した自信が伺えます。

【中田敦彦】愛用ボールペン『伊東屋 ROMEO(ロメオ)』【3つの魅力】

【中田敦彦】愛用ノート『ライフノーブルノートA5無地』【3つの魅力】

マッキンゼーを取り入れた生活の変化

中田敦彦さんはマッキンゼーを取り入れてからアクション・トリガーを意識しており、歯磨きの時に必ずスクワットを100回しています。

アクション・トリガー:行動を起こすきっかけになる事柄

なお、歯磨きは朝と夜の2回するためスクワットは1日で合計200回。

さらに25分の犬の散歩も日課として定着している様子です。

また、健康のためにオートファジーを継続していて、19時の夕食から翌日の11時まで食事をしていません。

どうしてもお腹がすいた時はナッツを食べる生活に徹底しています。

極め付けに禁酒も取り入れているので、まさに「パーフェクトマッキンゼーライフ」です。

>>【中田敦彦】美肌の理由「食事と睡眠の質」愛用ファンデーションも紹介!

ルーティンとファイリング:4つの分類

パーフェクトマッキンゼーライフを送る中田敦彦さんは、メモの内容をルーティンで分類して自分らしいファイリングを実現しています。

ルーティンとファイリング『4つの分類』
  • YouTube大学:授業のための勉強
  • 情報収集:毎朝ニュースチェック
  • アウトプット:考えたこと・思ったこと
  • 英語学習:海外ドラマ「フレンズ」

ルーティン①:YouTube大学:授業のための勉強

1つ目のルーティンとして、中田敦彦さんは自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の授業のために勉強内容をまとめています。

週に3回授業をしなければならないため、常に勉強は欠かさず行っている様子です。

最近はノートではなく紙のメモを活用していることから、マッキンゼー流メモ術を徹底して取り入れていることがわかります。

ルーティン②:情報収集:毎朝ニュースチェック

2つ目のルーティンとして、中田敦彦さんはチェックしたニュースをピックアップして関連情報を調べることを日課にしています。

いつも朝の6〜7時にニュースをチェックしているので、しっかりルーティン化されていますね。

情報のインプットを欠かさない様子からは中田敦彦さんの真面目さと勤勉さが伺えます。

2021年8月にはアウトプットの場として、Twitterアカウントを新設しています。

ルーティン③:アウトプット:考えたこと・思ったこと

3つ目のルーティンとして、中田敦彦さんは何個か思いついたことをブワーッと紙に書く行為を日課としています。

YouTube大学の勉強やニュースチェックのメモよりボリュームが多く、一番分厚い量です。

大体、夕方や夜に行っており、内容としては今までの日記やメモと同じ扱いと発言しています。

ルーティン④:英語学習:海外ドラマ「フレンズ」

4つ目のルーティンとして、海外ドラマ「フレンズ」を英語字幕で見る際に、わからない単語は調べて書き込みしています。

夕飯を食べ終わってからお風呂に入るまでの1時間くらいのスキマ時間を利用している様子です。

すべてのルーティンを振り返ると、情報収集と英語の勉強は完全にルーティン化されていますね。

中田敦彦さん自身、4つのルーティンに分類できたことは自分らしいファイリングになったと話しています。

マッキンゼー流メモ術『具体的な方法を解説』

中田敦彦さんがパーフェクトマッキンゼーライフで取り入れている、マッキンゼー流メモ術の具体的な方法を解説していきます。

マッキンゼーメモ術『具体的な方法』
  • 用意すべき4つのアイテム
  • 具体的なメモの仕方
  • ファイリング方法

用意すべき4つのアイテム

まず用意すべきアイテムは、以下の4つのアイテムです。

用意すべき4つのアイテム
  • A4用紙
  • ボールペン
  • クリアファイル
  • ラベル

メモを取るための紙は必ずA4用紙にしてください。A4用紙よりも小さな紙では絶対にダメです。

なぜなら、思考の自由度は紙の大きさに比例するから。

また、パソコンやスマートフォンのメモもNGです。電子媒体では図や絵が描きにくく、描けたとしても無意識に文章にしてしまいます。

なお、メモの仕方にこそマッキンゼー流のコツがあるので、しっかり手順をチェックしていきましょう。

具体的なメモの仕方

マッキンゼー流メモ術の真髄とも言える具体的なメモの取り方を順番に説明していきます。

具体的なメモの取り方
  • 1枚(1行20〜30文字を4〜6行)
  • 各行は1分以内に書く。
  • 左上にタイトル
  • 右上に日付
  • 目安は1日10枚

1枚のA4用紙に、悩みなどを1行20〜30文字のボリュームで4〜6行ほど書きます。

各行にはタイトルをつけて、関連する内容を文章に起こしていきましょう。

このとき用紙にびっしり書く必要はないので、大きな文字を書く意識をして贅沢に紙を使うのがコツ。

ただし1行5文字程度のボリュームは絶対にダメです。

なぜなら5文字程度の短文では、ただの備忘録になってしまうからです。

各行20〜30文字となるように意識することで、「なぜそう考えたのか」といった思考の洗い出しにつながります。

ファイリング方法

1日10枚ほど書いたメモは、ジャンル別に振り分けていきます。

最適なやり方はクリアファイルにジャンル別のラベルを付けてファイリングしていく方法です。

「ファイリングするジャンルの分け方がわからない、、、」という方は、以下のファイリング例を参考にしてください。

ファイリングの例
  • 人間関係
  • お金
  • 健康
  • 将来の不安

このようにファイリングしていくことで、あなたの悩みは「6〜7つのあるある」がほとんどだとハッキリわかってきます。

つまり人はいつも似たようなことに悩まされていて、堂々巡りの思考をしていると気づけるはずです。

溜まったメモは3ヶ月後に見返しましょう。

このとき、ボリュームが多いので熟読はせずにザーッと見返せればOKです。

あなたの悩みがどんなジャンルに分かれていて、日を追うごとにどういう風に解決されていったか軌跡をたどれます。

このサイクルの繰り返しによって、あなたの悩みや思いつきに対する処理スピードは加速していくでしょう。

まとめ:マッキンゼー流メモ術を取り入れよう

本記事のまとめ

紹介した内容をもう一度まとめておきます。

中田敦彦
『愛用ボールペン』
  • ぺんてる「リキッドゲルインキ1.0㎜ボール」
ルーティンとファイリング『4つの分類』
  • YouTube大学:授業のための勉強
  • 情報収集:毎朝ニュースチェック
  • アウトプット:考えたこと・思ったこと
  • 英語学習:海外ドラマ「フレンズ」
マッキンゼーメモ術『具体的な方法』
  • 用意すべき4つのアイテム
  • 具体的なメモの仕方
  • ファイリング方法
用意すべき4つのアイテム
  • A4用紙
  • ボールペン
  • クリアファイル
  • ラベル
具体的なメモの取り方
  • 1枚(1行20〜30文字を4〜6行)
  • 各行は1分以内に書く。
  • 左上にタイトル
  • 右上に日付
  • 目安は1日10枚
ファイリングの例
  • 人間関係
  • お金
  • 健康
  • 将来の不安

中田敦彦さんは、ぺんてるリキッドゲルインキ1.0㎜ボールのボールペンを使ってマッキンゼー流メモ術を実施しています。

具体的には、メモを4つのルーティンに分類してファイリングする活用方法を継続中です。

紹介した内容を踏まえて、あなたもパーフェクトマッキンゼーライフを取り入れてはいかがでしょうか。

>>【中田敦彦】オンラインサロン活動内容『部活動・会員の構成・入会後』【PROGRESS】

コメント