スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

サービス

サ道(ドラマ版)ロケ地の魅力まとめ【12のサウナ施設】

更新日:

  • サ道のロケ地で登場したサウナ施設へ行きたい
  • 登場したサウナ施設の場所や特徴を知りたい
  • 作中でどんな登場をしたのか思い出したい

こんなことをお思いのあなた。

本記事では、サ道(ドラマ版)で取り上げられたサウナ施設の場所や設備の特徴、作中での登場の仕方などについてご紹介します。

結論から言うと、サ道の全12話のうち登場するサウナ施設は11箇所ありますが、どの施設もそれぞれの魅力があり、評価が高いです。

以降で、まとめていきます。

※記事中にはサウナ用語がたびたび出てくるので、わからない言葉は下記をご参考ください。

>>【サウナ用語集】画像付きで解説

目次

そもそも「サ道」って何?

「サ道」は元々、「サウナを題材としたマンガ」として、2015年にはモーニング(講談社)でも連載されていたタナカカツキさんの作品です。

「このマンガがすごい!(2017オトコ編)」でトップ10入りを果たすなど、単行本発売以降、テレビ・新聞や雑誌で取り上げられ続ける話題のサウナマンガとなっています。

そして、2019年にはドラマ化され、撮影ロケ地として使われたサウナ施設は、サウナー(サウナ愛好家)を魅了するスポットとして人気を博しているとか。

ドラマ版はAmazonプライム会員なら無料で視聴できるのでチェックしたい方は下記をどうぞ。

>>Amazonプライムビデオ

サウナ&カプセルホテル北欧/東京都台東区

第1話「上野の空の下でととのう」

サウナ北欧は、主人公含め主要登場人物の3人がホームサウナ(行きつけのサウナ)として、サウナトークを繰り広げる基本となる場所です。

サウナ室内や外気浴の最中にサウナの話で盛り上がり、回想として各回で登場する他のサウナでの体験が語られます。

そして、主人公がよく食べている北欧カレーは「素朴で懐かしい味」との評判から食べてみる価値ありです。

サウナ&カプセルホテル北欧の特徴

サウナ北欧は、「北欧」という名前とは裏腹に、受付・スタッフ・ロッカー・しぶい館内着のどれをとってもヨーロッパの要素は見当たりません。

とはいえ浴室に入れば、都会のど真ん中とは思えないほど広々とした名物の露天風呂があり、店名の由来でもあります(眺められる風景はオフィスや雑居ビルですが…)。

ちなみに泉質は、トゴールの湯という新潟県栃尾又温泉から産出される風化鉱物を使用しているようです。

✔️サウナ北欧の特徴まとめ

  • 広々とした露天風呂
  • サウナは熱めの106℃
  • 水風呂は低めの15℃
  • 懐かしい味の北欧カレー

ニューウィング/東京都墨田区

第2話「風の滝でととのう」

スカイツリーが間近に見える古き良き下町で、一歩路地へ入れば安くて旨い店が軒を連ねる東東京一の繁華街と言われている錦糸町のディープエリアにニューウィングはあります。

水風呂の良さだけでなく、長く入りすぎると危険とわかる描写もあり、水風呂にフォーカスした演出がされている回です。

ニューウィングの特徴

ニューウィングは、服を脱いだ瞬間から独特な世界観がはじまると言え、野球のユニフォームのような変わった館内着が特徴的です。

熱さは90℃くらいなのにオートロウリュで良い汗をかけるボナサウナだけでなく、 セルフロウリュができるテルマーレサウナはウチワも用意されていて、サウナ界屈指の名士である吉田支配人の気遣いを感じられます。 

ジャスティスボタンをポチっとすれば、ミストシャワーの優しい肌当たりが心地よさを加速させること間違いなし。

✔️ニューウィングの特徴まとめ

  • 独特な世界観の店内
  • オートロウリュのボナサウナ
  • セルフロウリュ のテルマーレサウナ
  • 泳げるほど広い水風呂(小プール)
  • ジャスティスボタンで作動するミストシャワー

ゆ家 和ごころ 吉の湯/東京都杉並区

第3話「杉並の住宅街でととのう」

吉の湯は、高円寺や荻窪など昭和の風情が残る古き良き文化と、カフェや古着店など若者のカルチャーが交差する個性的な街の繁華街からは離れた場所にあります。

作中では、主要登場人物の「偶然さん」が足繁く通うとされているサウナ施設です。

また、「サウナ→水風呂→外気浴」の一連の流れがスムーズにできるように導線が組まれてるといった施設のレイアウトへの評価が伺えます。

ゆ家 和ごころ 吉の湯の特徴

銭湯なのに、血管中の老廃物を取りのぞいて免疫細胞の活性化を手助けしてくれる高濃度炭酸泉など、露天風呂が充実しているのが特徴です。

また、黒い泉質の壺湯は、麻布の竹の湯という姉妹店で湧いている温泉を週2回、2tトラックで運んでいるとか。

遠赤外線を使ったコンフォートサウナのため、身体は芯から温まり、水風呂はバイブラによる気泡で温度の羽衣が破られることで体感温度が冷たく感じます。

✔️吉の湯の特徴まとめ

  • 露天風呂が充実している
  • コンフォートサウナで身体が芯から温まる
  • 水風呂はバイブラによってより冷たく感じる

サウナセンター/東京都台東区

第4話「エレガントな熱波でととのう」

ホームサウナである北欧が休業していた流れから行き着く、現存する都内のサウナで最も古いと言われる老舗です。

熱波師によるロウリュのサービスについての描写がされています(厳密に言えばアウフグースを指します)。

サウナセンターの特徴

サウナ室内でスタッフが熱波を送ってくれるアウフグースのサービスがあります。

また、サウナ室前に「氷、水、塩」が用意されています。

そして、エアコンで室内を15度前後にキープしたペンギンルームまで完備。

✔️サウナセンターの特徴まとめ

  • アウフグースサービスあり
  • サウナ室前に氷、水、塩あり
  • ペンギンルームあり

草加健康センター/埼玉県草加市

第4話「エレガントな熱波でととのう」

草加健康センターは、サウナセンターで交わされる会話での回想で登場します。

草加駅から無料送迎バスで10分、ラッコの看板が目標です。

ちなみに、草加市は森尾由美と草加せんべいを生んだ街であり、都心までの交通の便もよく、駅前には大きなショッピングモールもあるなど、家族で住むにはもってこいのベッドタウンと紹介されています。

作中では、熱波師として有名な北海道のニコーリフレ札幌の「エレガント度会(わたらい)さん」が出張サービスとして登場し、「1、2、サウナー!」の掛け声とともに熱波を送るサービスが見られます。

草加健康センターの特徴

草加健康センターのサウナには、テレビを挟んで右にサウナストーン、左にヒーターと熱源システムが2つあり、座る位置によって体感温度が変わるのが特徴的です。

水風呂は外にあり、水温は15℃前後のバイブラ付きのため、近々に冷たさを感じることができます。

✔️草加健康センターの特徴まとめ

  • 薬湯が多くご年配の楽園
  • 草津の元湯から直送の露天風呂
  • 脱水予防で氷が置いてある
  • サウナの熱源システムは2つ
  • 屋外水風呂は15℃前後のバイブラ付き

湘南ひらつか太古の湯 グリーンサウナ/神奈川県平塚市

第5話「テントサウナでととのう」

ZARDの坂井泉水と山瀬まみ生んだ街、平塚。

主人公は、近年流行りつつあるテントサウナを体験しに太古の湯へ訪れます。

一見、コワモテに見える男性も実は良い人であることが分かったりと、サウナでよくあることを表現している回でもあります。

グリーンサウナの特徴

テントサウナが体験できる珍しさが最大の特徴とも言えます。

とはいえ、通常サウナも広めの作りでしっかり蒸されているので、それだけでも十分に快適と言えます。

「太古の湯」という名の通り、天然温泉は地下1300〜1500mの深度から湧き出している泉は2400万年前の古第三紀の終わり頃の地層に滞水しているものなんだとか。

屋外スペースでは、喫煙や飲酒、読書などが許されていて心ゆくまで自分の好きなリラックス方法を試すことができます。

✔️グリーンサウナの特徴まとめ

  • テントサウナでセルフロウリュとヴィヒタができる
  • 通常のサウナは広くて2部屋ある
  • 休憩用の椅子が多い
  • 高濃度炭酸泉では寝そべれる
  • 露天スペースなら喫煙・飲酒・読書OK

サウナしきじ/静岡県静岡市

第6話「サウナの聖地でととのう」

サウナーの聖地として有名な「サウナしきじ」。名前の由来は施設の所在地が静岡市駿河区敷地(しきじ)からきています。

広瀬すずと広瀬アリスを生んだ街として、静岡のことを静岡以外の人に尋ねると「お茶、サッカー、富士山」を答えとして挙げられますが、「しきじ」がその一つに加えられてもいいとサウナーの間では話されているとか。

あまりにも有名なサウナ施設のため、著名人のサインが数多くあるのも「サウナしきじ」の凄さを物語っています。

作中では、水風呂は温度だけでなく水質も重要であることを説いています。

サウナしきじの特徴

サウナしきじが聖地と謳われる由縁は、「水風呂」にあると言っても過言ではありません。

完全な天然水をこれでもかとかけ流している水風呂は、まろやかな水質で、源泉はそのまま飲んだり持ち帰ることまで出来ます。

また、サウナは「温度120℃のフィンランドサウナ」と、「温度60℃湿度60%の薬草サウナ」の2つがあり、隣り合っている部屋はガラス越しに覗くことができます。

サウナしきじでは、「フィンランドサウナ→水風呂→薬草サウナ→水風呂」で1セットとするのがオススメ。

そして、「聖地を司る女神」と呼ばれるオーナーご令嬢の笹野さんを「目当てに来る人もいるとかいないとか。

✔️サウナしきじの特徴まとめ

  • 水風呂は天然水でそのまま飲むこともできる
  • サウナはフィンランドサウナと薬草サウナの2つ
  • 水が美味しいことから食事も美味しい
  • 「聖地を司る女神」の笹野さんがお綺麗

サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店/愛知県名古屋市

第7話「ゴッドファーザーと共にととのう」

サウナーならどうしてもととのはない時というものがあります。

作中では、ととのはなくなった悩みをサウナ界のゴッドファーザー「米田行孝さん」に相談するという作り話から発展していきます。

米田さんの経営するウェルビーは名古屋に3店舗、福岡に1店舗を展開するサウナチェーンであり、中でも栄店のある名古屋は、東京・大阪と並ぶ三大都市圏として、どちらにも似ていない独特なカルチャーを生み出しています。

栄店は名古屋最大の繁華街である栄のど真ん中にあり、地元はもちろん、全国のサウナーに愛される名サウナの一つと言われています。

ウェルビー栄の特徴

ウェルビー栄にはサウナが2つあり、一つはメインの大きな「高温サウナ」、そして2つめはゴッドファーザーの米田さんが威信をかけて作り上げた「森のサウナ」となっています。

高温サウナでは、頻繁にスタッフがアロマ水を使用したロウリュ(アウフグース)のサービス。

森のサウナでは、サウナハットやヴィヒタなどのフィンランドスタイルで湖畔のほとりにあるサウナ小屋のような体験をすることができます。

日本サウナとフィンランドサウナの違いは下記の記事で詳しく解説しています。

>>フィンランドの公衆サウナ文化【日本人の誤解】

そして、フィンランドのラップランド地方を再現したアイスサウナもあり、室温はなんとマイナス25℃!

✔️ウェルビー栄の特徴まとめ

  • 照明が薄暗くて広い高温サウナは寝転がれる
  • フィンランドスタイルを味わえる森のサウナ
  • 水風呂に比べてゆっくり身体が冷える冷凍サウナ

サウナラボ/愛知県名古屋市

第8話「女性のための最先端サウナでととのう」

サウナラボは、名古屋の栄のビル内にある近代的なサウナ施設です。

東京カレンダーに出てくるようなキラッキラにオシャレな女性がわざわざ集まるサウナとして登場します(女性専用があるだけで男性も利用可能です)。

作中では、施設利用シーンは主要登場人物たちと違った女性がメインの描写となっています。

サウナラボの特徴

館内のつくりはもちろんのこと、サウナハットやサウナウェア、すべてをとってもオシャレさが醸し出されています。

「Lapin Mountain」という女性専用ゾーンは、ラップランド地方をモチーフとしていて、入り口にはトナカイの毛皮が敷いてあったりと徹底した世界観が演出されています。

複数ある木製サウナルームではセルフロウリュ ができ、水風呂の代わりのアイスミストでは徐々に体を冷やすことができます。

✔️サウナラボの特徴まとめ

  • オシャレな世界観
  • オシャレなデザインの館内
  • オシャレなサウナ飯(館内の食事)

大磯プリンスホテル THERMAL SPA S.WAVE/神奈川県中郡大磯町

第9話「哀しきサラリーマンの隣でととのう」

神奈川県中郡大磯町は、日本の海水浴場発祥の地として多くの大物が別荘を構えた街です。

そんな大磯に、一年中人が集まるスポットとして『大磯プリンスホテル THERMAL SPA S.WAVE』は紹介されています。

大磯といえば、昔から政治家や財界の人間に愛された街。

伊藤博文をはじめ、大隈重信、陸奥宗光、吉田茂などの偉人が多く訪れたとか(ちなみに、作中では陸奥宗光(むつむねみつ)を「むつむねのり」とタクシードライバーが間違えて発言してます)。

THERMAL SPA S.WAVEの特徴

THERMAL SPA S.WAVE最大の特徴は、大衆浴場とはまったく異なるラグジュアリー感です。

館内着のガウンはフッカフカで驚くこと間違いありません。

3Fは温泉エリア。4Fはサウナエリアで水着専用となっていて、中学生未満は立ち入り禁止と、徹底して大人が楽しめる空間となっています(飲酒可能)。

岩盤浴で体をジワジワ温め、アロマシャワーで汗を流す。

それだけでなく、雪が降るアイスルームや絶景なロケーションのサウナやプールなど、普通の入浴施設ではありえない体験が目白押しです。

✔️THERMAL SPA S.WAVEの特徴

  • サウナに来たとは思えないリゾート感
  • 3Fが温泉のエリア、4Fが水着のエリア
  • サウナ後はアロマシャワーで汗を流せる
  • 雪が降るアイスルーム
  • 絶景のサウナやプール

天空のアジト マルシンスパ/東京都渋谷区

第10話「天空のアジトで男泣きにととのう」

サウナについて語る主要登場人物の3人を離れたところで羨ましく見ている男性が中心の回です。

男性は、仕事での叱責や家庭で居場所のないストレスを発散するために、笹塚にあるマルシンスパへ足繁く通っています。

回の終わりでは主人公たちに声をかけられ、打ち解けていく姿が印象的で見ていてほっこりすること間違いなし。

マルシンスパの特徴

笹塚マルシンスパは「天空のアジト」と呼ばれ、多くのサウナーが通う有名店の一つです。

1番の特徴は、温かい浴槽よりも水風呂の方が大きいところが挙げられます。

100℃を越えるサウナのサウナストーブは20人を蒸せる馬力があるといった噂がまであります。

しかし、サウナ室は入れても8人が限度の広さのため、フェラーリのエンジンを載せた軽ワゴンと揶揄する人もいるようです。

✔️マルシンスパの特徴まとめ

  • 温かい浴槽よりも水風呂の方が大きい
  • 広さに対してサウナストーブの馬力が高い
  • アロマ水のロウリュ(アウフグース)サービスあり
  • サウナーなら知っている「オロポ」あり

※オロポ=オロナミンCとポカリスエットを割ったドリンク(西麻布に古くからあるサウナ施設「アダムアンドイブ」が発祥だそう)

サウナと天然温泉 湯けむり天国 湯らっくす/熊本県熊本市

第11話「西の聖地でととのう…のか!?」

主人公がいつものように「サウナ→水風呂→外気浴」を繰り返すも、ととのはないことに気がつき、主要登場人物たちで話し合うシーンから始まります。

そこで、メンバーの偶然さんから西の聖地を教えてもらった主人公は「湯らっくす」を訪れることに。

湯らっくすのある熊本県は、雄大なカルデラを持つ阿蘇山が鎮座する自然豊かな場所。

ちなみに、くまモンが有名ではあるものの、野生の熊はいないとか。

作中では、湯らっくすをサウナの聖地たらしめた場所にした「白川水源」も訪れます。

第12話「サウナとは?」

結局、湯らっくすでもととのうことができなかった主人公は、湯らっくすの2階にある休憩スペースで一夜を過ごします。

夕食で主人公が食べている麻婆豆腐は一度食べてみる価値がありです。

湯らっくすの社長は、2016年の熊本地震によって被災した際のサウナカー体験をきっかけに、施設の改装でサウナに力を入れようと思ったそうな。

最終的に主人公はサウナに通い続けているものの、「以前ほど、ととのうことに固執しなくなった」という発言をすることから、サウナは「ととのう」だけが全てではないということを意味していると捉えられます。

湯らっくすの特徴

水に恵まれた土地から水質の良さはさることながら、湯らっくすの水風呂は「深さ日本一の水風呂」でもあります(最深171センチ/最浅153センチ)。

さらに、マッドマックスボタンを押せば阿蘇の天然水が脳天を直撃。

備長炭蒸し風呂はいわゆるミストサウナであり、温泉が床下を流れ、その蒸気が床や椅子の隙間から湧き上がってきて心地良く身体を温めてくれます。

また、置いてある塩は身体に塗ることもできるのですが、これは熱で開いた毛穴から塩の成分が体の中に染みて、浸透圧の影響で汗がよく出るようになる効果があるとか(美容にも良いらしい)。

そして、アウフグースサウナ室では12:00〜25:00まで、1時間おきに熱波を浴びせてくれるサービスまであります。

メディテーションサウナは、フィンランド風ロウリュサウナであり、セルフでサウナストーブに水をかけられるので、自分のペースで発汗を楽しめます。

ちなみに受付の照明は、ルイスポールセンの「PHアーティチョーク」と北欧好きにはたまらないチョイスです。

✔️湯らっくすの特徴まとめ

  • ミストサウナの備長炭蒸し風呂
  • アウフグースサウナは1時間に一回熱波のサービス
  • メディテーションサウナはマイペースに発汗を楽しめる
  • 水風呂は日本一深い水風呂として最深171センチ
  • マッドマックスボタンを押せば阿蘇の天然水が脳天を直撃
  • 入り口の照明がルイスポールセンの「PHアーティチョーク」

まとめ:ととのう方法と効用を知ろう

ご紹介したサウナ施設をもう一度まとめておきます。

サ道で登場したサウナ施設へ実際に行くのも良いですが、「ととのう」ことによるフィジカルとメンタルへ効用を知っておくのも、サウナをより一層楽しむ一つの方法です。

よろしければ、下記の記事をどうぞ。

>>サウナ「ととのう」方法【フィジカルとメンタルの効用】

-サービス
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.