スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

サービス

中田敦彦がオンラインサロンを始めた理由と考え【PROGRESS】

更新日:

  • 中田敦彦さんはなぜオンラインサロンを始めたの?
  • オンラインサロンについてどう考えているの?
  • オンラインサロンに何を求めているの?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、中田敦彦さんが、「なぜオンラインサロンを立ち上げたのか」、「どう考えているのか」、「何を求めているのか」を解説していきます。

結論から言うと、中田敦彦さんは、自分の理想の表現や場所を追い求めた結果、オンラインサロンに行き着いたと言えます。

以降で、まとめていきます。

中田敦彦がオンラインサロンを始めた理由

中田敦彦さんがオンラインサロン『PROGRESS』を始めた理由は、テレビ業界への懸念と、自分の身の振り方を考えた結果でした。

テレビ業界への3つの懸念

お笑い芸人としてテレビ出演をしていた中田敦彦さんは、テレビ業界における3つの懸念を挙げています。

✔️テレビ業界3つの懸念

  • テレビタレントは不安定な仕事
  • 自分発信のコンテンツが作れない
  • 届けたい人に届けられない

オンラインサロンが持つ2つの要素

中田敦彦さんは、自分の身の振り方について真剣に考えたとき、オンラインサロンが持つ2つの要素に目をつけます。

✔️オンラインサロン2つの要素

  • ファンベースのコンテンツ
  • 直接課金のサブスクリプション

こうして、「テレビ業界への懸念」と「オンラインサロンの持つ要素」が自身の理想であると気付き『PROGRESS』を立ち上げました。

中田敦彦のオンラインサロン全般への考え方

中田敦彦さんがオンラインサロンをどう考えているかは、YouTube大学やメディア出演での発言から伺えます。

✔️中田敦彦さんの発言

  • 月謝料金を払ってコンテンツを楽しむ
  • 今までのコミュニティとの違い

月額料金を支払ってコンテンツを楽しむ

中田敦彦さんは、オンラインサロンの構造を習い事で例えています。

つまり、料理教室などと一緒で、オンライサロンはお金を支払ってコンテンツを楽しむ『新しいコミュニティ』であるということです。

今までのコミュニティとの違い

オンラインサロンが今までのコミュニティと違う点は2つあると話しています。

✔️今までのコミュニティとオンラインサロンの違い

  • Facebookの活用
  • サブスクリプション型

まず、オンライン上で繋がれて動画配信などもあるので、地方でも参加できるようになりました。

そして、決済サービスのデジタル化により、わざわざ月謝をもってピアノ教室に行くような従来の煩わしさがなくなりました。

オンラインサロンのすごいところは、このプラットフォームの進化と言えます。

逆に、実際にやっていることは、昔からやってきたアナログなことと大して違いはないとも話しています。

中田敦彦のオンラインサロンへの考え方

中田敦彦さんが、オンラインサロン『PROGRESS』にどのようなことを求めているのかは「中田敦彦の2nd YouTube」で語っていました。

✔️内容

  • ネバーエンディングスクール
  • オンラインサロンに正解はない
  • オンラインサロンに求めるもの

ネバーエンディングスクール

中田敦彦さんは、オンラインサロンPROGRESSのテーマを『ネバーエンディングスクール』と話しています。

これは、自身の授業(中田敦彦のYouTube大学)の公開収録に来れるという意味を指しています。

また、このサービスをライブのサブスクリプションとも発言しています。

オンラインサロンに正解はない

「オンラインサロンってつまり何をしているの?」という発言をされる状態こそがオンラインサロンだと話しています。

中田敦彦さんの場合、いろいろなことに挑戦しながら変化していくことがオンラインサロンの醍醐味と捉えているようです。

事実、PROGRESSの活動内容の一部は他のオンラインサロンでやっていることを取り入れたり、活動頻度もアップデートされています。

✔️ほかのサロンから取り入れていること

  • 合宿:堀江貴文イノベーション大学校
  • 生配信:落合陽一塾
  • ランニング:西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロンに求めているもの

中田敦彦さんは、オンラインサロンのPROGRESSを通じて「自分の居心地の良いところを作りたい」と話しています。

持論として、「人はコミュニティさえあれば生きていける」とも語っており、お金や成功よりも、人とのつながり=『密なコミュニケーション』を大切にしようと考えているようです。

まとめ:入会したい人は不安を解消しよう

ご紹介した内容を一言でまとめると、中田敦彦さんは、自分の理想の表現や場所を追い求めた結果、オンラインサロンに行き着いたと言えます。

PROGRESSへの入会に興味が出てきたら、不安を解消するためにまとめた記事を合わせてご覧ください。

-サービス
-,

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.