メンタリストDaiGo推奨マッサージガン「やる気を爆上げ」【ドーパミン製造機】

「メンタリストDaiGoおすすめマッサージガンの特徴は?」

「他社のマッサージガンとどんな違いがあるの?」

「実際にマッサージガンを使っている人の評判は?」

こんな疑問をお持ちのあなた。

この記事では、メンタリストDaiGoさんがおすすめするマッサージガン、MYTREX REBIVE(マイトレックス リバイブ)を徹底的に解説していきます。

結論から言うと、MYTREX REBIVEは「やる気を爆上げするドーパミン製造機

ただ単に体をほぐすマッサージ機ではありません。

なぜなら、ドーパミンアドレナリンを促進するほど筋肉を奥深くまでマッサージできるからです。

最近、集中力が続かない……

こんな悩みをお持ちの方は要チェック!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

メンタリストDaiGo推奨マッサージガン「MYTREX REBIVE」

マッサージガンはピンポイントで狙った筋肉をほぐせる「銃のような形状のマッサージ器具」です。

2020年頃からTVやネットで話題となりました。

とくにメンタリストDaiGoさんがおすすめしたことで一気に知名度はUP。

推奨されたマッサージガンこそ、MYTREX REBIVE(マイトレックス リバイブ)です。 

キャッチコピー
  • 「この手にプロの技を」

MYTREX REBIVEは、整体師やスポーツトレーナーなど、プロ級の施術を自宅で再現できるレベルのマッサージガン。

スペックは以下の通り。

商品名MYTREX REBIVE(マイトレックス リバイブ)
品番MT-RBN20G
本体寸法147㎜×60㎜×186㎜(アタッチメント除く)
重量本体 約680g
素材本体ABS樹脂
ポリカーボネート
アタッチメントABS樹脂
EVA樹脂
シリコン
パッケージ内容本体×1
充電用USBコード×1
ACアダプター×1
収納ケース×1
アタッチメント×5
取扱説明書×1
アタッチメント用ストッパーゴム(予備)×1
発売元株式会社創通メディカル

続いて、MYTREX REBIVEの特徴を解説していきます。

マッサージガン「MYTREX REBIVE」の特徴

メンタリストDaiGoさん推奨マッサージガン「MYTREX REBIVE」の特徴は大きく3つ。

  1. 緊張した筋肉を奥深くまでほぐす
  2. 血流をよくして集中力を高める
  3. 女性でも使いやすい軽量小型

それぞれ具体的に説明していきます。

緊張した筋肉を奥深くまでほぐす

MYTREX REBIVEは他社製品と比べて、筋肉を奥深くまでほぐしてくれます。

多くの類似製品はただ振動しているだけ。

またマッサージガンの持ち手ばかりが動いてしまい、うまく筋肉に衝撃が届きません。

一方で、リバイブは筋肉を高速でしっかり叩いてくれる感覚があります。

誤解を恐れずに言えば、張っている筋肉にMYTREX REBIVEを使うことで、「筋肉が溶けてる?」と思うレベルで効果を実感できるでしょう。

筆者は歩き方のクセで太ももの前と外の筋肉が張りやすいのですが、MYTREX REBIVEを使って柔らかくなるまでほぐしています。

血流をよくして集中力を高める

MYTREX REBIVEは硬くなった筋肉を柔らかくするだけでなく、集中力を高める効果もあります。

なぜなら筋肉を奥深くまでしっかりほぐすと、身体からドーパミンやアドレナリンが出るからです。

そもそも人間の集中力は上がったり下がったりを繰り返します。

なので、集中力が切れた時は対処する必要があるのです。

つまり、勉強や仕事の合間に大きな筋肉へ刺激を与えれば、ふたたび集中力を高められます。

とくに刺激するなら太ももがおすすめです。

軽量小型で女性にも使いやすい

MYTREX REBIVEは、軽量&コンパクト。

女性にも扱いやすい商品です。

わずか650g(ヤングジャンプと同じくらい)

また、フル充電で約2時間使える大容量バッテリーを搭載。

ハンディタイプのマッサージガンの中では、“世界最小クラス”となっています。

つまり軽量小型でスペックも優れた、一石二鳥の製品です。

次は、マッサージガンを使うべきタイミングを紹介していきます。

マッサージガンを使うべきタイミング

MYTREX REBIVEを使うべきタイミングを大きく3つ。

  1. お昼ご飯を食べた後
  2. 勉強や仕事の休憩時間
  3. スポーツやワークアウト前

それぞれの理由を具体的に解説していきます。

お昼ご飯を食べた後

マッサージガンを使うべきタイミング1つ目は「お昼ご飯を食べた後

お昼ご飯を食べた後って、眠くなったりだるくなったりしませんか?

なぜなら食後は体内の血糖値が上昇し、糖をエネルギーに変えるインスリンが分泌され、反動で血糖値が下がる“低血糖状態”になるからです。

できれば仮眠を取りたいところですが、マッサージガンで筋肉をほぐすことで、眠気を緩和する効果が期待できます。

勉強や仕事の休憩時間

マッサージガンを使うべきタイミング2つ目は「勉強や仕事の休憩時間

なぜなら筋肉を奥深くまでしっかりほぐすと、身体からドーパミンやアドレナリンが出るからです。

人間の集中力は上がったり下がったりを繰り返します。

なので、下がってきた時は意図的な対策が必要です。

つまり休憩後のパフォーマンスを上げたければ、勉強や仕事の合間にマッサージガンを使いましょう。

スポーツやワークアウト前

マッサージガンを使うべきタイミング3つ目は「スポーツやワークアウトの前

激しいトレーニングをする人は、体がオーバーワークになりがちです。

そんな人こそマッサージガンを使うことで、こわばった筋肉がゆるんで怪我を予防できます。

もっと言うと、筋膜をほぐして体の可動域を広げれば、パフォーマンス向上も見込めるでしょう。

マッサージガンをおすすめできる人

MYTREX RIBIVEをおすすめできる人はこちら。

  • リモートワークで動く機会が減った人
  • O脚気味で太腿が張っている人
  • ストレッチポールを使っている人
  • ストレス発散したい人
  • 集中力を高めたい人

それぞれ詳しく掘り下げていきます。

リモートワークで動く機会が減った人

リモートワークで体を動かす機会が減っていませんか?

実際、在宅ワーカーの多くが肩こりや腰痛に悩まされています。

コリは違和感のある部位だけでなく、周りの筋肉の緊張も原因の一つです。

つまり広範囲な刺激でコリを全体的にほぐし、徐々にピンポイント刺激が効果的。

MYTREX RIBIVEなら、5種類のアタッチメントで最適な刺激を加えられるでしょう。

O脚気味で太腿が張っている人

O脚気味の人は普段から太ももの前側や外側が張りがち。

太ももの張りは歩き方のクセが大きな要因なので、自分でストレッチをしても中々取れません。

そんな時こそマッサージガンでしっかり筋膜リリースをしてあげるのが大切です。

筋肉が本来の柔らかさを取り戻し、O脚改善につながるでしょう。

ストレッチポールを使っている人

ストレッチポールは手軽に筋膜リリースできる定番アイテム。

ただしストレッチポールは体に不要な力が入りやすく、効果が薄れたり疲れやすかったりするデメリットがあります。

球体状のストレッチボールも同じです。

効果的に筋膜リリースをしたい人はマッサージガンを使うのも一つの手。

ちなみにスポーツに特化したマッサージガンなら、元プロ卓球選手の水谷隼人氏がアンバサダーを務める、uFit RELEASER Miniもおすすめ!

ストレス発散したい人

最近ではマッサージがメンタルに効く研究結果もあり、ストレス改善効果が期待できます。

人間はストレスがかかっている状態の場合、IQが下がったり集中力や作業効率が落ちたりといったデメリットがあります。

日頃からプレッシャーの強い環境にいる方や仕事が大変な方は、体の疲れと心の疲れをマッサージガンでケアしましょう。

集中力を高めたい人

繰り返しになりますが人間の集中力は上がったり下がったりを繰り返すので、下がってきた時には対処が必要です。

疲れのせいで集中できないと思っている時でも、体からドーパミンやアドレナリンが切れているだけの場合があります。

夕方や夜など集中できない時にこそ、太ももや肩などをマッサージして集中力UPを図りましょう。

まとめ:リバイブミニも要チェック

まとめ

紹介した内容をもう一度まとめておきます。

リバイブの特徴
  1. 緊張した筋肉を奥深くまでほぐす
  2. 血流をよくして集中力を高める
  3. 女性でも使いやすい軽量小型
リバイブを使うべきタイミング
  1. お昼ご飯を食べた後
  2. 勉強や仕事の休憩時間
  3. スポーツやワークアウト前
リバイブをオススメできる人
  1. リモートワークで動く機会が減った人
  2. O脚気味で太腿が張っている人
  3. ストレッチポールを使っている人
  4. ストレス発散したい人
  5. 集中力を高めたい人

マイトレックスのリバイブは「やる気を爆上げするドーパミン製造機」。

なぜならリバイブで筋肉をマッサージをすると、体の血流が良くなってドーパミンやアドレナリンが促進されるからです。

また他社製のマッサージガンより効果が高く、カラダの血流が良くなるので、脳に酸素が行き渡り、集中力UPが期待できます。

そしてリバイブは本体わずか650gと軽量で女性も扱いやすい商品です。

ただしマッサージ効果が高すぎるため、使い過ぎは筋肉の炎症を引き起こすのでご注意ください。

リバイブよりもさらに小型のリバイブミニも比較検討したい方はこちらをどうぞ。

コメント