【ラブレター】カードゲーム累計販売数『200万個超え』【世界が認めた16枚の駆け引き】

スポンサーリンク
  • ラブレターって面白いの?
  • どの辺が魅力的なカードゲームなの?
  • 世界中で人気あるって本当?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、ラブレターの概要や特徴・遊び方・世間の評判や口コミ・派生作品について紹介していきます。

結論から言うと、ラブレターは2012年の発売以来、コラボや派生作品が5種類以上も発売されるほど人気のカードゲームです。

その人気さゆえに世界中で楽しまれ、累計販売数は200万個を超えています。

その人気の秘訣とされるラブレターの特徴なども踏まえて解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

【ラブレター】カードゲーム累計販売数『200万個超え』【世界が認めた16枚の駆け引き】

人気のカードゲーム、Love Letter(ラブレター)の概要や特徴を説明していきます。

ラブレターの基本情報:生みの親はカナイセイジ

販売元考案者発売日
アークライトカナイセイジ2012年5月
ラブレターの基本情報

ラブレターはアナログボードゲームの製造・販売を手がけるアークライトという会社から展開されています。

また、ラブレターの考案者は今や日本が誇るアナログカードゲームデザイナーとなったカナイセイジさんです。

カナイセイジさんのTwitterアカウント

ラブレターの歴史:始まりは同人ゲーム

ラブレターはもともと、2012年5月に同人ゲームとして発行されたカードゲームです。

当時は、封筒に入った状態で配布されていたという噂もあります。

なお、「500円で販売できるゲームを作る」というコンセプトの始まりから、基本的に使用するカードはわずか16枚ほどとシンプルな構成です。

とはいえ、カードゲームとしての完成度が高いことから徐々に商業ベースに乗り、今ではコラボ作品などが派生で生まれるほど人気を博しています。

現在では追加カードが付属されたりして、値段は1,500円前後する作品となっています。

ラブレター『2つの特徴』

コラボ作品などが生まれるほど人気を博しているラブレターには2つの特徴が挙げられます。

ラブレター『2つの特徴』
  • 子ども大人どっちも楽しめる
  • メルヘンチックなストーリー

特徴①:子ども大人どっちも楽しめる

ラブレターは、子ども大人どっちも楽しめるカードゲームと言えます。

なぜなら、小学生くらいから遊べる「シンプルさ」と、大人もハマれる「運・頭脳・心理」を含んだ絶妙なゲームバランスだからです。

特徴②:メルヘンチックなストーリー

ここではない場所、今とは違う時代、とある小さな王国に、美しい姫がいました。

その姫は気立てが良く、誰とも分け隔てなく接したため、国の皆から好かれていました。

そんな姫に心から惚れ込んだ若者たちは、姫の心を射止めるべく、恋文をしたためることにしました。

城に仕える様々な者たちに協力を仰ぎ、自らの想いを姫に伝えようとする若者たち。

彼らは一癖も二癖もある協力者たちの力を使い、見事姫に恋文を届けることができるでしょうか?

ラブレター公式サイト引用

ラブレターの世界観を表現するストーリーは、とてもメルヘンチックな内容となっています。

ストーリーを要約すると、「憧れの姫にラブレターを渡したい若者(プレイヤー)が、城に仕える人(カード)の協力を得てラブレターを渡す」というストーリーです。

ラブレターの遊び方:世界が認めた16枚の駆け引き

ラブレターは基本的に、16枚のカードを使用して遊びます。

すべてのカードにはそれぞれ効果があり、その効果を駆使して勝者を決める遊びとなっています。

最後まで脱落せずに1人だけ残るか、山札が無くなった時点で手持ちのカードが一番強ければ勝利となります。

ラブレターの勝利条件
  • 最後まで脱落せずに1人だけ残る
  • 最後の手持ちカードが一番強い

ゲームの基本:ちょうどいい人数と時間で遊べる

対象人数プレイ時間対象年齢
2〜4人5〜10分10歳以上
ゲームの基本

ラブレターは、2〜4人で5〜10分というちょうどいい時間で遊べるため、家族団欒の時間や友人と集まっている時などに最適なゲームです。

ゲームの流れ:3ステップ

ステップ①:準備

カードをシャッフルして裏向きに置き、山札とします。

山札から1枚取ったら、だれも確認することなく伏せてよけます。

各プレイヤーは、山札から1枚引いて手札とします。

ステップ②:進行

手番が来たら、山札から1枚引いて手札に加えます。

2枚になった手札から1枚選んで表向きに出し、カードの効果を使用します。

出したカードは捨て札とし、出した順番が分かるように表向きに並べます。

次は、左隣のプレイヤーが手番を行います。これをゲームの終了まで続けます。

ステップ③:勝敗

山札がなくなったときにカードの強さが一番高かったら勝利となります。

または、他のプレイヤーを全員脱落させたら勝ちです。

より詳細なルールと遊び方は下記の記事でまとめています。

>>【ラブレター】ルールと遊び方『画像付きで解説』【永久保存版】

ラブレター派生作品

様々なラブレターの派生としてコラボされている作品をご紹介していきます。

コラボ作品5選

ラブレターのコラボ作品は確認できるだけで5個以上はあります。

今後も派生作品は増えていくと予想されるので、ますます人気は出てきそうです。

XENOの原案として

2019年10月の発売以来、Amazonカードゲーム部門でUNOの売り上げを抜き、ランキング1位となったXENO。

>>XENOの遊び方・通常版と豪華版の違い・購入方法【まとめ】

ラブレターは、XENOの原案となったカードゲームです。

ラブレターとXENOの違いについて知りたい方は、比較内容をまとめた下記の記事をどうぞ。

>>ラブレターとXENO『5つの違いを徹底比較』【永久保存版】

ラブレターの評判や口コミ:SNS

世界で累計200万個以上販売されたカードゲーム、ラブレターの評判や口コミを紹介していきます。

通常版とコラボ版『SNS評判まとめ』

ラブレターの通常版とコラボ版におけるSNSの評判は下記の記事にまとめています。

>>【ラブレター】通常版とコラボ版『SNS評判まとめ』

まとめ:ラブレターの動向をチェックするなら公式をフォロー

まとめ

紹介した内容をまとめると、ラブレターは2012年の発売以来、コラボや派生作品が5種類以上も発売されるほど完成度の高いカードゲームです。

その人気さゆえに世界中で楽しまれ、累計販売数は200万個を超えています。

今後も様々な作品とのコラボが予想されるので、ラブレター好きの方は最新情報をチェックしておきましょう。

公式(アークライトゲームズ)をフォロー

アークライトゲームズのTwitter公式アカウント

▼こちらの記事もオススメ

>>XENOまとめ記事『遊び方・通常版と豪華版の違い・購入方法』

コメント