Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6比較レビュー「どっちがいい?」

Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6比較レビュー「どっちがいい?」

「HUAWEI Band6とXiaomi Mi Band6のスペックを比較したい」

「HUAWEI Band6とXiaomi Mi Band6って何が違うの?」

「サウナ用で使うならHUAWEIとXiaomiどっちがいいの?」

こんな悩みをお持ちのあなた。

この記事では、よく比較されるサウナ用スマートウォッチ、Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6の違いを徹底的に解説していきます。

結論から言うと、サウナで使うならXiaomi Mi Band6一択!

なぜならXiaomi Mi Band6はコスパが高く、サウナで使っても強制終了しないからです。

※HUAWEI Band6は高温になるとエラーが表示され強制終了してしまいます

なのでサウナ用スマートウォッチで選ぶならXiaomi Mi Band6がおすすめ。

記事前半ではXiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6のスペック比較を、後半では両者の違いを解説するので、ぜひ参考にしてください。

以降でまとめていきます。

最新機種「Xiaomi Mi Band7」の比較記事はこちら。

スポンサーリンク

Mi Band6とHUAWEI Band6のスペック比較

Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6のスペックを比較していきます。

項目Xiaomi Mi Band6HUAWEI Band6
サイズ47.4×18.6×12.7㎜43×25.4×10.99㎜
質量12.8g18g
ディスプレイ1.56インチ有機EL(AMOLED)
152×486ピクセル
1.47インチ有機EL(AMOLED)
194×368ピクセル
ワイヤレス接続Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
バッテリー持続時間約2週間約2週間
主な機能心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
血中酸素レベル測定
月経周期トラッキング
ワークアウトモード
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
血中酸素レベル測定
月経周期トラッキング
ワークアウトモード
価格5,990円8,580円

価格は2,500円ほどXiaomi Mi Band6のほうが安め。

ディスプレイの面積は1.2倍ほどHUAWEI Band6のほうが大きいです。

また、重さは1.4倍ほどXiaomi Mi Band6のほうが軽くなっています。

Mi Band6とHUAWEI Band6の比較レビュー

次にHUAWEI Band6とXiaomi Mi Band6を、主な機能・デザイン・防水耐熱から比較していきます。

主な機能は変わらない

Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6に備わっている主な機能は同じ。

なので両者の使い勝手はほぼ同じです。

主な機能
  • 心拍数モニタリング
  • 睡眠モニタリング
  • ストレスモニタリング
  • 血中酸素レベル測定
  • 月経周期トラッキング
  • ワークアウトモード

どちらも心拍数や睡眠をモニタリングでき、ヘルスケアガジェットとしては十分な機能が備わっています。

ただし機能のワークアウトモードは、HUAWEI Band6のほうが種類が豊富です。

項目HUAWEI Band6Xiaomi Mi Band6
ワークアウトモード96種類30種類

とはいえHUAWEI Band6のワークアウトモードは凧揚げや綱引きなど、

あまり使わないモードが多いので、気にする必要はないでしょう。

▼HUAWEI Band6のワークアウトモード

ヤマダウェブコムから引用

デザインを比較

デザインはXiaomi Mi Band6がスリムなスポーティー系。

反対に、HUAWEI Band6はウォッチ寄りでお洒落な印象を受けます。

またディスプレイはHUAWEI Band6のほうが幅が広く、通知された文字が読みやすいです。

項目Xiaomi Mi Band6HUAWEI Band6
ディスプレイ幅18.6㎜25.4㎜

文字盤の種類を比較するとHUAWEI Band6のほうが16種類多くバリエーションが豊富。

項目Xiaomi Mi Band6HUAWEI Band6
文字盤130種類146種類

ディスプレイの着せ替えでお洒落を楽しむならHUAWEI Band6のほうがおすすめです。

防水耐熱を比較

Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6の防水耐熱スペックを比較しました。

項目Xiaomi Mi Band6HUAWEI Band6
防水5ATM5ATM
動作温度0℃~45℃-10℃~45℃

防水性能は同じ5ATM(50m防水)です。

動作温度はHUAWEI Band6のほうが−10℃と低い温度でも使えます。

ただしHUAWEI Band6は、端末の温度異常を示す警告メッセージが表示されます。

端末の温度がいずれかの閾値を超えた場合、電源がオフになるか、再起動するか、または充電できなくなる可能性があります。

HUAWEI公式サイトより引用

つまりサウナのような高温でHUAWEI Band6の使用はおすすめできません。

実際にサウナで使ってエラーが出た報告はTwitterでも確認できます。

サウナ用スマートウォッチとして使うならXiaomi Mi Band6がおすすめ。

サウナー御用達スマートウォッチ「Xiaomi Mi Band6」

どうしてもHUAWEI Band6をサウナで使いたい場合は、タオルで巻いて保護しましょう。

Mi Band6とHUAWEI Band6はこんな人におすすめ

Xiaomi Mi Band6は「価格を抑えて、サウナで心拍数や時間を測りたい人」におすすめです。

デザインもスポーティーなので、サウナで悪目立ちすることもありません。

初めてスマートウォッチを使う人であれば、コスパが高いXiaomi Mi Bandのほうが適していると感じました。

一方、HUAWEI Band6は「ラフにお洒落とヘルスケア機能を楽しみたい人」におすすめ。

Mi Band6とHUAWEI Band6の比較まとめ

この記事では、Xiaomi Mi Band6とHUAWEI Band6比較レビューを解説しました。

結論、サウナで使うならXiaomi Mi Band6一択!

Xiaomi Mi Band6ならサウナで使っても強制終了する心配はいりません。

※HUAWEI Band6は高温になるとエラーが表示され強制終了してしまいます

最新機種「Xiaomi Mi Band7」と比較した記事も要チェックです。

紹介したスマートウォッチ以外にも、おすすめサウナグッズをチェックしたい方はこちらを参考にしてください。

コメント