【ラブレター】多くの人が間違えやすい『4つのルール』まとめ【永久保存版】

スポンサーリンク
  • 最後の山札を引いた人は、数字の大きさで勝敗を決める時に2枚出せる?
  • 魔術師の効果で伯爵夫人を捨て札にしたら脱落?
  • 騎士の効果のとき、相手と強さが一緒の場合どうすればいいの?
  • 山札から大臣を引いて、手札の合計が12以上になった時って脱落?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、カナイセイジさん考案の人気カードゲーム、ラブレターの間違えやすいルールを丁寧に解説していきます。

結論から言うと、ラブレターで間違えやすいルールは4つあります。

この4つのルールについて、公式ルールブックを元に解説していきます。

万が一、紹介する内容に間違いがあった場合はコメント欄にてお知らせください。なお、目当ての回答をすぐに確認したい方は目次からお探しください。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

【ラブレター】多くの人が間違えやすい『4つのルール』まとめ【永久保存版】

ラブレターで間違えやすいルールを4つ解説していきます。

①:最後の山札を引いた時

最後の山札を引いた人は、数字の大きさで勝敗を決める際に、手札2枚のうち1枚を出せると勘違いしてしまうケースがあります。

しかし、本当のルールは異なるので、ラブレター公式サイトのルールブックを元に正しいルールを説明します。

▼山札がなくなったとき

いずれかのプレイヤーが最後のカードを引いたなら、その手番の終了時にゲームは終了します。

この場合、脱落していないプレイヤー全員が手札を公開し、その中でカードの強さが最大だったプレイヤーが勝者となります。

もし最も強いカードを持っているプレイヤーが複数いる場合は引き分けとなります。

全員、もしくはそのプレイヤー同士でもう一度勝負を行なって決着をつけるのも良いでしょう。

ルールブック引用

ルールブックを確認すると、「その手番の終了時」とあります。

つまり、最後に山札を引いた人は2枚の手札のうち1枚を場に出して効果を発動したのち、数字の大きさで勝敗を決めます。

②:魔術師の効果を伯爵夫人に使った時

魔術師の効果で指定した相手(または自分)が公爵夫人を捨て札にした場合、脱落すると誤解してしまうケースがあります。

しかし、正しいルールは異なるので、魔術師の効果と伯爵夫人の効果を元に、正しいルールを説明します。

▼魔術師の効果

使用:プレイヤーを1人選ぶ(あなたでもよい)。

そのプレイヤーは手札を捨て札にし、山札から1枚引いて手札にする。

ルールブック引用

▼伯爵夫人の効果

このカードは場に出すことができない。

山札がなくなった手番の終了時に、あなたは脱落する。

ルールブック引用

伯爵夫人のテキストにある「場に出す」とは、手番で山札から1枚引いた後で行う、『手札から1枚選んで場に出して効果を適用する』行動のことを指します。

よって、伯爵夫人の効果で魔術師の「〜手札を捨て札にし、〜」の効果を妨ぐことはできません。

さらに、伯爵夫人のテキストにある「場に出す」はカードの効果が発動しますが、「捨て札にする」はカードの効果が発生しません。

よって、魔術師の効果で伯爵夫人を捨て札にしても脱落はしません。

③:騎士の効果で同じ強さの時

騎士の効果で指定した相手のカードと強さが同じだった場合、どうすれば良いのかわからないというケースがあります。

ラブレター公式サイトのルールブックを元に、正しいルールを説明します。

▼騎士の効果

使用:他のプレイヤーを1人選び、ひそかに手札の強さを比べる。

強さが小さかったプレイヤーは脱落する。

※お互いのカードの強さが同じであれば、何も起こりません。

ルールブック引用

騎士のテキストカード自体には記載されていませんが、ルールブックを見ると「※お互いのカードの強さが同じであれば、何も起こりません。」とあります。

そのため、騎士の効果で指定した相手のカードと強さが同じだった場合、ただ手札をお互い見せあっただけということとなり、両者とも脱落せずゲーム続行です。

④:大臣を引いて手札の合計が12以上になった時

山札から引いたカードが大臣で、手札の合計が12以上になった時は脱落するか疑問に感じてしまうケースがあります。

ラブレター公式サイトのルールブックを元に、正しいルールを説明します。

▼大臣の効果

あなたの手札の強さの合計が12以上である場合、あなたは脱落する。

※もちろん、強いカードを持っているときにこのカードを山札から引いてしまっても脱落です。

ルールブック引用

ルールブックの記載通り、山札から大臣を引いて手札の合計が12以上になった場合は脱落となります。

まとめ:正しいルールを把握してラブレターを楽しもう

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  • 最後に山札を引いた人は、2枚の手札のうち1枚を場に出して効果を発動したのち、数字の大きさで勝敗を決める。
  • 魔術師の効果で伯爵夫人を捨て札にしても脱落はしない。
  • 騎士の効果で指定した相手のカードと強さが同じだった場合、両者とも脱落しない。
  • 山札から大臣を引いて手札の合計が12以上になった場合は脱落。

ルールを正しく理解して、ラブレターをより一層楽しみましょう。

ラブレター公式サイトのチェックもお忘れなく

万が一、紹介した内容に間違いがあった場合や他にもわからないルールが有った際は、コメント欄へお問い合わせください。

▼こちらの記事もオススメ

>>ラブレターとXENOを徹底比較【5つのポイント】

コメント