【Dr. Vranjes】赤ワイン型ディフューザー!?セレブ御用達ルームフレグランス『ロッソノービレ』

スポンサーリンク
  • 赤ワインみたいなディフューザーが欲しい
  • セレブが使うルームフレグランスを知りたい
  • プレゼントでセンスが良い人って思われたい

こんな悩みをお持ちのあなた。

本記事では、赤ワインをモチーフにしたDr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)のディフューザー『ROSSO NOBILE(ロッソノービレ)』をご紹介します。

結論から言うと、ロッソノービレはプレゼントやギフトとしても非常に人気が高く、オシャレ感度の高い人には高確率で喜ばれるアイテムです。

なぜなら、ロッソノービレはイタリア発のフレグランスブランドとして、オールフィレンツェ製にこだわり抜かれたアイテムだからです。

記事の後半では、ロッソノービレの良いところだけでなく、デメリットにも触れているのでぜひ最後までご覧ください。

以降で詳しくまとめていきます。

スポンサーリンク

【Dr. Vranjes】赤ワイン型ディフューザー『ロッソノービレ』

Dr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)とは、イタリア・フィレンツェ発の自然派フレグランスブランドです。

ドットール・ヴラニエスは、高価格でラグジュアリーなフレグランスアイテムを取り扱っているため、富裕層から非常に人気があります。

最近では、インテリアショップや雑貨屋で取り扱っているのみならず、都心を中心に直営店も増えてきています。

ロッソ ノービレはDr. Vranjesの『アイコン的コレクション』

ロッソノービレは、赤ワインをモチーフにしたドットール・ヴラニエスのルームフレグランスです。

このイタリアらしい型にハマらないデザインは、世界中に熱狂的なファンを持つほどの人気を誇ります。

その人気の高さゆえに、ロッソノービレはドットール・ブラニエスのアイコン的コレクションとされています。

Dr. Vranjesは『オールフィレンツェ製』

ドットール・ヴラニエスはフィレンツェ発のフレグランスブランドということもあり、手がけるコレクションは、可能な限りフィレンツェ製となっています。

ロッソ ノービレも同様で、ガラス容器・ウッドスティック・リフィルなどはオールフィレンツェ製です。

徹底的にフィレンツェ製にこだわるところから、ドットールヴラニエスのブランド哲学を感じます。

Dr. Vranjesが『フィレンツェにこだわる理由』

ドットール・ヴラニエスがフィレンツェにこだわる理由は、香りの歴史がフィレンツェを始めとされているからです。

香りの歴史がフィレンツェを始めとされる理由には、レザー(皮革)が関係しています。

フィレンツェといえば、昔からイタリアを代表する「皮革産業の街」です。

そして、職人が多いことから、街ではいまだにハンドメイドのレザー製品がたくさん売っています。

ただし、レザー製品はもともと動物の皮を使っているため、独特の匂いを持っています。

このレザーが持つ独特の匂いを消すためにも、フィレンツェでは香りの文化が発展したと言われているのです。

赤ワイン型ディフューザー『5つのポイント』

ロッソノービレ最大の特徴は、赤ワイン型ディフューザーであることです。

そんな、赤ワインをモチーフにしているポイントを5つ具体的に解説していきます。

5つのモチーフポイント
  • ガラスボトルが『デキャンタ』
  • ウッドスティックが『葡萄の木』
  • リフィルが『ワインボトル』
  • 香料の色が『ワインレッド』
  • ワインを彷彿させる『香り』

①ガラスボトルが『デキャンタ』

ロッソノービレが赤ワインをモチーフにしている1つ目のポイントは、香料を入れるガラス容器が『デキャンタ』となっているところです。

デキャンタは本来、ワインを移し替えることで香りを引き出したり、少し空気に触れさせることで味わいをまろやかにする役割があります。

透明なガラス容器ということもあり、赤ワイン特有の濃い赤色を見て楽しむことができるのも特徴的です。

②ウッドスティックが『葡萄の枝』

ロッソノービレがワインをモチーフとする2つ目のポイントは、香料を香らせるためのウッドスティックが『本物の葡萄の木』となっているところです。

本物の葡萄の木を使っていることで、とても色っぽい香りが漂うところが特徴的です。

③リフィルが『ワインボトル』

ロッソノービレがワインをモチーフとする3つ目のポイントは、香料を継ぎ足すリフィルが『ワインボトルそっくり』となっているところです。

ボトルの形状だけでなく、材質やラベルなどの細部もワインボトルを踏襲しているこだわりっぷりです。

おかげで、リフィルをディフューザー本体のすぐ側に置くだけでグッと高級感が増します。

④香料の色が『ワインレッド』

ロッソノービレがワインをモチーフとする4つ目のポイントは、香料の色が『ワインと同じ色』となっているところです。

本物の赤ワインも色を見て楽しむと言いますが、ロッソ ノービレもデキャンタ型の透明グラスに香料を入れれば目で楽しむことができます。

⑤赤ワインを彷彿させる『香り』

ロッソ ノービレの香りは、アルコールのツンとする刺激的な香りはしておらず、赤ワイン風の上品な香りがします。

もちろん、本物の赤ワインが入っているわけではないのでご安心ください。

あくまで赤ワイン風に香料を調整して独特な香りを作っています。

独特な香りによって、エレガントでラグジュアリーな気分を味わえます。

公式サイトの説明

「ワインとは味わいの素晴らしさだけではなく、目を喜ばせ、香りとそこから始まる会話をたのしませるもの」というイタリアらしいコンセプトから生まれたROSSO NOBILE。
ストロベリーとブラックベリーにシトラスが調和した芳醇なフルーティーノートに、スミレとバラを中心としたフローラルノートが優しく重なります。ユニークな香りのハーモニーを完成させるのは、繊細で気品あふれるタンニンのアロマです。
ワインを愛する方へのギフトに、ご自身の大切な空間の演出に。Dr. Vranjesならではの希少な香りをお楽しみください。

Dr. Vranjes公式HP

ロッソ ノービレを買う人は『オシャレ感度が高い人』

ロッソノービレはセレブ御用達フレグランスと言われるだけあって、利用者のほとんどが富裕層です。

ただし、ファッション業界などの『オシャレ感度が高い人』の間ではプレゼントとしてよく選ばれています。

さらに、アパレル関係者はロッソノービレを一目見れば、「それ、ドットール・ヴラニエスですよね?」と食いつくそうです。

詳しくはファッションYouTuberのMBさんが下記の動画で語っています。

ロッソ ノービレの『デメリットは〇〇』

ロッソノービレの良いところばかりをご紹介してきたので、デメリットについてもご紹介します。

ロッソノービレ唯一のデメリットは、「値段が高い」に尽きます。デキャンタセット750mlは、定価で¥38,500します。

自分用だけでなく、プレゼントとしてもかなり奮発しなければいけない価格設定となっています。

だからこそセレブ御用達と言われるフレグラスブランドなわけですが…

ただし、『ロッソ ノービレ 250ml』であれば¥9,800と1万円を切る価格設定となっています。

デキャンタセットと比べれば約1/4の値段と良心的なので、プレゼントに最適なサイズです。

ちなみに、『ロッソ ノービレ 500ml』は¥13,300となります。

まとめ:プレゼントなら手頃な『ロッソ ノービレ250ml』

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

ロッソ ノービレの概要
  • Dr. Vranjesのアイコン的コレクション
  • 素材はオールフィレンツェ製
  • 香り文化の発祥地フィレンツェ代表ブランド
ロッソ ノービレの特徴
  • ガラスボトルが『デキャンタ』
  • ウッドスティックが『葡萄の木』
  • リフィルが『ワインボトル』
  • 香料の色が『ワインレッド』
ロッソ ノービレの香り
  • 赤ワイン風の上品な香り
  • 本物の赤ワインは入っていない
  • エレガントな気分になれる
ロッソ ノービレの愛用者
  • 富裕層
  • ファッション関係者
  • オシャレ感度の高い人
ロッソ ノービレの値段
  • 750ml:¥28,500(デキャンタセット)
  • 500ml:¥13,300
  • 250ml:¥9,800

ドットールヴラニエスのロッソノービレは、イタリア発のフレグランスブランドとして、オールフィレンツェ製にこだわり抜かれたアイテムです。

そのため、富裕層を中心にプレゼントやギフトとしても非常に人気が高く、オシャレ感度の高い人からは必ず喜ばれるアイテムです。

「プレゼントとしては値段が高すぎる…」という方は、ロッソノービレの250mlがデキャンタセットと比べて、約1/4の値段と良心的なのでオススメです。

▼こちらもオススメ

>>【DIPTIQUE(ディプティック)】香りのオーバル『3つの特徴』と『代表的な使い方』

コメント