【CULTI】イタリア生まれの世界初ウッドスティック式ディフューザー『3つの特徴』

スポンサーリンク
  • CULTIの特徴は?
  • どんな人に向いているの?
  • プレゼントに選ぶのはあり?

こんな疑問をお持ちのあなた。

本記事では、ディフューザーで有名なイタリア・ミラノ発のフレグランスブランド『CULTI(クルティ)』について、3つの特徴を踏まえて解説していきます。

結論から言うと、CULTIはフレグランス好きへ送るプレゼントとして一番オススメできます。

なぜなら、「香りはかけ合わせるもの」というブランド哲学を持つCULTIであれば、プレゼントの相手がすでに別のフレグランスを使っていても香りを邪魔しないからです。

さらに、CULTIはシンプルでナチュラルな塩系デザインのため、プレゼント相手の部屋がどんなテイストなのかを気にせず済むメリットもあります。

以降で、具体的にまとめていきます。

スポンサーリンク

【CULTI】世界初のウッドスティック式ディフューザー

CULTIは、1990年にMr.アレッサンドロ・アグラーティによって、イタリアで創業されたフレグランスブランドです。

「香料の入った容器にウッドスティックを差し込むことで香りが柔らかく広まる構造」のディフューザーとして、ウッドスティック式を世界で初めて開発したとも言われています。

日本ではACTUS(アクタス)というヨーロッパ系アイテムを中心に輸入販売している代理店が取り扱っています。

取り扱いSHOP:ACTUS

全国のアクタスのショップ(OUTLET店舗を除く)では、CULTIコーナーにてすべての香りのテスターが用意されています。

主要都市を中心に、直営店舗やアウトレットショップ、ライセンスショップなどを展開しているので、気になる方は取り扱いSHOP一覧から最寄りのお店を確認してみてください。

CULTI『3つの特徴』

ウッドスティック式ルームフレグランスがブランドの代名詞として知られる CULTIは発売以来多くの人々に愛されてきました。

CULTIがこれほど多くの人々に愛されてきた理由は、CULTIの「特徴」と「ブランド哲学」が大きく関係しているからです。

特徴①:高級ホテルのような柔らかい香り

CULTIのような海外フレグランスブランドは香りが柔らかく天然っぽい匂いが特徴的です。

具体的には、お花や木、果物といった自然を代表する香りが挙げられます。

天然素材で柔らかい香りは、高級ホテルにいるような特別な気分にさせてくれます。

中には、赤ワインのようなラグジュアリーなフレグランスもあるので、気になる方は下記の記事をどうぞ。

>>【Dr. Vranjes】赤ワイン型ディフューザー『ロッソノービレ』

日本製フレグランスはケミカルな香り

もちろん、日本製のフレグランスブランドにも良い商品はたくさんあります。

しかし、日本製はケミカル由来な匂いが多く、ものよっては強い香りに違和感を覚えることさえあります。

この香りに対する違和感は同時に安っぽさを感じさせるため、日本製フレグランスのブランド力に大きく関わっていると言えるでしょう。

特徴②:インテリアを選ばない塩系デザイン

CULTIは商品単体ではあまり主張しない「塩系デザイン」となっています。

塩系デザインとは、過度なデザイン製がなくシンプルで、様々な空間にもマッチするようなデザインを指します。

ディフューザーはフレグランスとして、ただ単に部屋を良い香りにするだけではありません。

テーブルの上など、部屋の目立つ場所に置くことが多いことから、インテリアグッズとしての役割もあります。

なので、CULTIのような塩系デザインであれば、「コンクリート調の無機質な部屋」や「ウッド系のナチュラルな部屋」など、内装デザインを選びません。

ただし、CULTIは単純にシンプルなデザインというだけではありません。

容器はすりガラスのように曇らせてあったり、木目は磨いたような風合いとなっていたりと、素材一つ一つが丁寧に作られています。

日本製フレグランスは派手なデザイン

日本のフレグランスブランドは、ロフトのようなお店で、様々な商品と一緒に陳列されることを想定しています。

つまり、商品自体が目立たないとお客さんが手に取ってくれないという考えから、デザインは派手で主張が激しいです。

派手なデザインが多い商品は化粧品なんかにも共通して見られます。

派手で主張が激しいデザインは、フレグランス単体で見た場合には問題ないように見えます。

しかし、派手なデザインはインテリアとして考えると、一般的な部屋には馴染まず浮いてしまうことが多い傾向にあります。

特徴③:香りをかけ合わせられる

CULTIの3つ目の特徴は『香りを掛け合わせるられる』ことです。

CULTIでは、すべての香りを開発するときに、「香りを掛け合わせること」を前提としているため、他の香りと掛け合わせても変な匂いにはなりません。

ただし、どんな匂いでも大丈夫というわけではありません。

例えば、CULTIと別のディフューザーを同じ部屋で一緒に使ったとしても、お互いの香りが変に混ざらず新たな香りが表現されます。

この、「香りをかけ合わせる」という考え方からは、CULTIのブランド哲学を一番感じることができます。

CULTIの香りは10種類

なお、CULTIの香りは全部で10種類あります。

基本的には自然由来な香りが多く、オーガニック性の高さはイタリアのフレグランスブランドらしいと言えます。

CULTI『全10種類の香り』
  • シトラス系(1種)
  • フローラル系(3種)
  • ウッド系(3種)
  • アロマ系(2種)
  • フルーティー系(1種)

まとめ:CULTIはフレグランス好きへ送るプレゼントに一番オススメ

まとめ

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

CULTI『3つの特徴』
  • 自然な香り
  • 塩系デザイン
  • 香りをかけ合わせられる

イタリアで生まれた世界初ウッドスティック型ディフューザーのCULTIは、フレグランス好きへ送るプレゼントとして一番オススメできます。

なぜなら、「香りはかけ合わせるもの」というブランド哲学を持つCULTIであれば、プレゼントの相手がすでに別のフレグランスを使っていても香りを邪魔しないからです。

さらに、CULTIはシンプルな塩系デザインのため、プレゼント相手の部屋がどんなテイストなのかを気にせず済むメリットもあります。

▼こちらの記事もオススメ

>>【Dr. Vranjes】赤ワイン型ディフューザー『ロッソノービレ』

コメント