【amaneca】読書好きに送るプレゼントの定番!『アマネカブックカバー』【フリーサイズ】

スポンサーリンク
アマネカ
  • 読書好きにぴったりなプレゼントが知りたい!
  • 汎用性の高いブックカバーってあるのかな?
  • 大人にも喜ばれる質の高い素材だと嬉しい

こんな悩みをお持ちのあなた。

ブックカバーって文庫本やハードカバーなどの特定サイズにしか対応していなくて使いにくいですよね?

そこで本記事では、フリーサイズのブックカバー『amaneca(アマネカ)』をご紹介します。

結論から言うと、アマネカはどんなサイズの本にも合わせられるので、読書好きに送るプレゼントの定番アイテムとされています。

さらに、デザインはフェイクレザーやスエードなどの素材が使われていて大人っぽく、カラーリングも豊富です。

記事の後半では、アマネカの使い方についても画像付きで解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

フリーサイズのブックカバー『amaneca』

アマネカ(グレー)

amaneca(アマネカ)は、ジェコル株式会社という企業が提供しているフリーサイズのブックカバーです。

ジェコルは様々な書籍グッズを展開していますが、中でもアマネカは人気商品となっています。

東急ハンズでも一押し商品としてPRされているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

アマネカブックカバー『3つの特徴』

アマネカ & MacBook Air

東急ハンズでも一押しされているブックカバーのアマネカには、3つの特徴があります。

アマネカ『3つの特徴』
  • サイズフリー
  • カラー展開
  • 良質な素材感

サイズフリー

アマネカ最大の特徴は、どんなサイズの本にも対応できるブックカバーという点です。

文庫判新書コミック上製本菊判
文庫大新書大B6判ハードカバーA5判
対応サイズ一覧
よこ(表紙+背表紙+裏表紙)たて
220〜350(AMーV2Nは330)㎜148㎜(文庫判)〜220㎜(菊判)
寸法詳細

6種類のカラー展開

アマネカは6種類のカラー展開がされていて、モノトーンからポップで明るい色まで様々あります。

厳密に言えばアマネカ・カスタムという絵柄のタイプもあるので、さらに種類はあります。

つまり、アマネカは好みに合わせて選びやすく、自分用だけでなくプレゼントとしても最適です。

手に馴染む質感

アマネカ(手持ち)

アマネカは広げた状態だと、片面がフェイクレザー、反対面がスエードとなっています。

そのため、実際に本に取り付けると、手で持つ部分はサラサラとしたフェイクレザーの触り心地でしっかりと手に馴染みます。

一方、スエード部分はザラザラとした質感がして、落ち着いた大人の雰囲気がします。

アマネカの使い方『簡単4ステップ』

アマネカ(使い方4ステップ)
ジェコル公式サイトより引用

見た目もオシャレなアマネカはの使い方は、とても簡単です。

本に取り付ける動作はたったの4ステップなので、画像付きで丁寧に解説していきます。

アマネカの使い方『簡単4ステップ』
  1. 広げる
  2. 下部を折る
  3. サイドを折る
  4. バンドをかける

①広げる

アマネカ使い方(ステップ1)

表面(レザー側)で本の高さを確認して、折る位置を決めます。

②下部を折る

アマネカ使い方(ステップ2)

裏側(スエード側)で折りガイド線に合わせ、下部を折ります。

③サイドを折る

アマネカ使い方(ステップ3)

表面(レザー側)に本をセットして両サイドを内側に折り、ベロを挟み込みます。

④バンドをかける

アマネカ使い方(ステップ4)

本の外側にバンドをかけて取り付け完了です。

詳細はYouTubeでチェック

アマネカのことをもっと詳しく知りたいという方は、ジェコルの公式YouTubeチャンネルをチェックしてみてください。

アマネカの特徴や使い方を、動画で分かりやすく理解することができます。

まとめ:アマネカを本好きへプレゼントしよう

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

アマネカ『3つの特徴』
  • サイズフリー
  • 豊富なカラー展開
  • 良質な素材感

アマネカのブックカバーはどんなサイズの本にも合わせられるので、読書好きに送るプレゼントの定番アイテムとされています。

しかも素材はフェイクレザーとスエードで、カラーリングも豊富なため、プレゼント相手の好みに合わせてチョイスしやすいのも嬉しいポイントです。

誕生日や記念日など、特別な相手へのプレゼントを検討されている方はご参考ください。

▼こちらの記事もオススメ

【中田敦彦】愛用ボールペン『伊東屋 ROMEO(ロメオ)』

便利グッズ
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『さぼる』をフォローする
スキマプット

コメント