スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

アイテム

『デキるビジネスマンの髪型』ヘアセットはジェル一択!【知られざる3つのメリット】

更新日:

  • 毎朝の髪型セットを楽にしたい
  • 崩れた髪型をセットし直すのが面倒
  • ビジネスシーンで好印象を与えたい

こんな悩みをお持ちのあなた。

本記事では、デキるビジネスマンが髪型のセットで用いるマストアイテム『ヘアジェル』についてご紹介します。

結論から言うと、デキるビジネスマンがヘアジェルを使う理由には3つのメリットがあるからなんです。

✔️ヘアジェルを使う3つのメリット

  • 髪型のセットがしやすい
  • 髪型が崩れにくい
  • 髪型で好印象を与えられる

以降で、具体的に説明していきます。

ヘアジェルは整髪料の一つ

ヘアジェルは髪型を整えるために使う整髪料の一つです。

ヘアジェルの特徴は、髪に艶感を出すことができる点とホールド感が挙げられます。

強力なホールド感によって、オールバックのようなしっかり髪を固めたいときに重宝します。

また、ジェルは髪によくなじむので、乾燥から毛髪を保護する役割もあります。

つまり、スタイリングと毛髪保護といった2つの特徴を合わせ持ちます。

ワックスとどう違うの?

ヘアジェルと同じく整髪料として知られるワックスは、主に髪を立ち上げたり動きをつける目的で使われます。

ただし、ワックスは油分を多く含んでいるため髪がベタベタしやすく、シャンプーの際に洗い落とすのが大変といったデメリットがあります。

2000年代はヘアスタイルで個性を主張したいと考える人が多く、ヘアワックスでねじった毛束を作るのが流行りだったものの、2010年代に入るとユーザーの価値観が変わり、ワックスの需要は減ってきています。

髪型のセットにヘアジェルを使うメリット

ヘアジェルを使って髪型をセットするメリットは3つあります。

✔️ヘアジェルを使う3つのメリット

  • セットが簡単
  • 髪型が崩れない
  • 好印象を与えられる

セットが簡単

ヘアジェルを使う上で「セットが簡単」という理由は、一番の理由と言っても過言ではありません。

✔️ヘアジェルを使った髪型セットの手順

  1. 髪を濡らす
  2. ジェルをつける
  3. 髪を掻き上げて後ろに流す

ジェルはワックスと違って髪が濡れている状態でも使えるので、髪を乾かす必要がありません。

また、細かな作り込みが不要なので短時間でセットが済みます。

結果、ワックスを使う場合よりも5分〜10分はセット時間が短くなって、貴重な朝の時間を節約することができます。

髪型が崩れない

通勤や外回りで屋外にいる時に風が強いと、せっかく整えた髪型が崩れます。

とくにワックスを使用していると、一度髪型が崩れてしまったらぐちゃぐちゃのままになります。

直すためには、鏡のあるお手洗いへ行く必要があります。

その点、ジェルを使ったセットの場合は水で濡らさない限り髪型が崩れないので、一日中整った髪型をキープできます。

また、飲食店の店員であれば髪が落ちにくくなり、衛生的なメリットまで得られます。

好印象を与えられる

ジェルを使用すると、艶感+前髪を上げたヘアスタイルがしやすいため、清潔感を演出できます。

また、ジェルで整えた髪型は、「几帳面な人」というイメージを与えられます。

たとえしっかり者という人でなくても、初対面の相手や普段関わらない仕事関係の人にはとくに効果を発揮します。

まとめ:ジェルを使うならコスパを考えよう

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

✔️ジェルで髪型をセットする3つのメリット

  • セットが簡単
  • 髪型が崩れない
  • 好印象を与えられる

ヘアジェルを使うメリットがわかったところで、次はどんなジェルを使うかが大切になってきます。

ジェルはほぼ毎日使う消耗品なので、安くて品質の良いものを選ぶ必要があります。

参考として、私も毎日使用しているヘアジェルついてまとめた記事を合わせてご覧ください。

-アイテム
-

Copyright© スキマプット , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.