【XENO】「あるある10選」Amazon売り切れ・ルール誤認・原案やりたい【解決策あり】

スポンサーリンク
  • XENOがAmazonで売り切れてる
  • ルールの認識が人によって違う
  • 原案のラブレターもやってみたい

こんな不満をお持ちのあなた。

本記事では、中田敦彦さん考案の人気カードゲーム、XENOあるある10選を紹介していきます。

結論から言うと、XENOあるあるによっては不満や悩みに対する具体的な解決策も提示しているので、ぜひ最後までご覧ください。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

XENOあるある10選【解決策あり】

中田敦彦さん考案の人気カードゲーム、XENOあるある10選を紹介していきます。

共感できるあるあるは数多くあると思いますが、不満や悩みを含む内容には解決策も提示しているので、ぜひ参考にしてください。

XENOあるある10選
  1. Amazon売り切れで市場価格が高騰
  2. 通常版と豪華版のどっちを買おうか迷う
  3. 人によってルールの認識が違う
  4. うっかり賢者忘れをしてしまう
  5. まさかの1ターンで勝負が終わる
  6. 想像以上に盛り上がる
  7. 中田敦彦 vs DaiGoをマネする
  8. 中田敦彦が気になりだす
  9. 原案のラブレターをやってみたくなる
  10. 大会に出てみたい

XENOあるある①:Amazon売り切れで市場価格が高騰

XENOあるある1個目は、Amazon売り切れで市場価格が高騰」です。

XENOの正規取扱はAmazonとなりますが、その人気さゆえに2019年10月の発売当初は、欠品が頻繁に起こりました。

結果として、当時は770円→980円のXENO通常版が2〜10倍の値段に高騰するなど、もはや8,800円→8,833円する豪華版を買った方がいいという風潮でした。

追記:1月29日(水)をもって、通常版と豪華版ともに幸福洗脳での店舗販売を終了

解決策:Amazon以外でXENOを買う方法

正規販売のAmazonでXENOが品薄となってしまった場合の解決策として、「Amazon以外でXENOを買う方法」があります。

具体的な方法は下記の記事でまとめているため、チェックしたい方はどうぞ。

>>【XENO】Amazon以外で購入する方法

XENOあるある②:通常版と豪華版のどっちを買うか迷う

XENOあるある2個目は、「通常版と豪華版のどっちを買うか迷う」です。

XENOには通常版と豪華版の2種類あるため、どっちを買うか迷う方も多くいらっしゃいます。

とはいえ、さまざまな違いの中でも価格差は10倍以上あるので、しっかりと検討して判断したいですよね。

通常版豪華版
価格814円(税込)8,833円(税込)
カードケース紙製レザー
カードサイズ58×89mm70×120mm
裏面の加工なし金メッキ
販売先AmazonAmazon
XENOの通常版と豪華版の違い

解決策:XENOの通常版と豪華版の違いを徹底比較

XENOの通常版と豪華版のどっちを買うか迷った場合は、どれだけ両者に違いがあるのかを徹底的に比較してみましょう。

下記の記事では、通常版と豪華版の違いを比較ているので参考にしたい方はどうぞ。

>>【XENO】通常版と豪華版の違いを徹底比較『5つのポイント』

XENOあるある③:人によってルールの認識が違う

XENOあるある3個めは、「人によってルールの認識が違う」です。

XENOは、ルール自体あまり詳しく書かれていないため、人によって勘違いしてしまうケースが少なくありません。

また、XENOはカードの持つ効果でゲームの勝敗を決めるため、効果によってルールを間違われやすいと言えます。

解決策:XENOの間違えやすいルールまとめ

人によってルールの認識が異ならないように、XENOの間違えやすいルールについてまとめた下記の記事をご参考ください。

>>【XENO】間違えやすいルールまとめ

XENOあるある④:うっかり賢者忘れをしてしまう

XENOあるある4個目は、「うっかり賢者忘れをしてしまう」です。

賢者忘れはXENOプレイ中に、もっとも忘れてしまうと言っても過言ではありません。

賢者カードの効果「選択」は、場に出した次の手番で効果を発動するため、ついつい山札から3枚引く効果を忘れてゲームを続けてしまいがちです。

なので、XENOで遊ぶ際はプレイヤー同士で注意することを心がけましょう。

XENOあるある⑤:1ターンで勝負が終わる

XENOあるある5個目は、「1ターンで勝負が終わる」です。

2人だけでXENOをプレイする場合、一番最初の手番で英雄と貴族が手札に揃ってしまうと、その瞬間に勝負が決まってしまいます。

なぜなら、貴族の効果において、一番数字の大きい10の英雄は最強だからです。

結果として、じっくりゲームを楽しむつもりが一瞬で終わってしまうなんてこともあり得ます。

オススメ:XENOで相手を脱落させるパターン

XENOをプレイする中で1ターンで終わってしまうような場面はいくつかあります。

そこで、XENOにおけるパターンを把握して、状況に応じた手札を切れるようにしましょう。

下記の記事で具体的なパターンをまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

>>【XENO】脱落パターンまとめ

XENOあるある⑥:想像以上に盛り上がる

XENOあるある6個目は、「想像以上に盛り上がる」です。

XENOは、「なんとなくおもしろそう!」という軽い気持ちで始める人がほとんどだと思います。

とはいえ、実際にやってみると想像以上に面白くてかなり盛り上がるカードゲームです。

オススメ:XENOのネットにおける評価

AmazonレビューやSNSからは世間の反応がわかるので、気になる方はネットの評価をまとめた下記の記事をご覧ください。

XENOあるある⑦:XENO考案者の中田敦彦が気になりだす

XENOあるある7個目は、「XENO考案者の中田敦彦が気になりだす」です。

XENO考案者がYouTube大学の中田敦彦さんであることをご存知の方は多いでしょう。

実際、カードゲームとしての完成度の高さからは、「中田敦彦ってどんな人なんだろう?」と興味をもつ人は少なくありません。

オススメ:中田敦彦オンサインサロン『PROGRESS』

XENO考案者の中田敦彦さんをよく知るなら、オンラインサロン『PROGRESS』への入会がオススメです。

>>中田敦彦のオンラインサロン『PROGRESS』徹底解説

とはいえ、「いきなりオンラインサロンに入会するのは怖い…」という方は、オンラインサロンの活動やメリットを網羅的にまとめた下記の記事をどうぞ。

>>オンラインサロンの活動やメリットを知る

XENOあるある⑧:中田敦彦 vs DaiGoをマネする

XENOあるある8個目は、「中田敦彦 vs DaiGoをマネする」です。

XENOを知ったきっかけが中田敦彦のYouTube大学チャンネルのXENO対決動画、『中田敦彦 vs DaiGo』という方は多いでしょう。

論理的思考を得意とする中田敦彦さんと心理学に長けたメンタリストDaiGoさんの読み合いは見応えがあり、マネする人も続出するほどでした。

オススメ:YouTubeで「XENO」を検索

実際、YouTubeで『中田敦彦 vs DaiGo』に似たような動画はいくつかあるので、気になる方は、YouTubeで「XENO」を検索してみましょう。

なお、DaiGoさんとのXENO対決以降、vsヒカル、vsホリエモンなど、ますますXENO対決動画が増えて同チャンネルは面白くなってきています。

XENOあるある⑨:原案のラブレターをやってみたくなる

XENOあるある9個目は、原案のラブレターをやってみたくなる」です。

XENOは、ラブレターというカナイセイジさん原案のカードゲームを、中田敦彦さんがアレンジしたカードゲームです。

ラブレターはXENOのベースとなっているだけあって、Amazonで『Amazon’s Choice』となるほど人気を博しています。

オススメ:累計200万個超えの人気ラブレター

XENOの原案とされるラブレターは、累計販売数が200万個を超える人気カードゲームです。

数多くの人に楽しまれる理由について詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ。

>>人気カードゲーム『ラブレター』【世界が認めた16枚の駆け引き】

XENOあるある⑩:大会に出てみたくなる

XENOあるある10個目は、「大会に出てみたくなる」です。

XENOは人気の高さゆえに、公式・非公式で大会が催されています。

友人や家族と楽しむだけでなく公の場でもチャレンジしたい方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ:あなたのXENO「あるある」を教えてください

最後に、紹介した内容をもう一度まとめておきます。

XENOあるある10選
  1. Amazon売り切れで市場価格が高騰
  2. 通常版と豪華版のどっちを買おうか迷う
  3. 人によってルールの認識が違う
  4. うっかり賢者忘れをしてしまう
  5. まさかの1ターンで勝負が終わる
  6. 想像以上に盛り上がる
  7. 中田敦彦 vs DaiGoをマネする
  8. 中田敦彦が気になりだす
  9. 原案のラブレターをやってみたくなる
  10. 大会に出てみたい

本記事では、中田敦彦さん考案の人気カードゲーム、XENOあるある10選を紹介させていただきました。

もし、紹介した内容以外でXENOあるあるを感じている方は、ぜひコメント欄から教えてください

内容によっては当ブログで掲載させていただきますので、コメントお待ちしております。

▼下記の記事もオススメ

>>XENOってどんなカードゲーム?【永久保存版】

コメント