【VR】普及と本格化のワケ『火付け役はGAFAの○○だった』

スポンサーリンク

あなたはVR(バーチャルリアリティ)が1968年にはすでに開発されていたことをご存知ですか?

誕生から50年近く日の目を浴びれなかったVR技術が、近年急速に普及してきています。

本記事では、今もなお成長分野である『VRの誕生〜近年の普及のワケ』について解説していきます。

結論から言うと、VRが普及するに至った理由にはスマートフォンの登場が大きく関わっています。

また、きっかけを与えた存在は世界的に有名なGAFAの一企業「Facebook」です。

本記事に向いている方
  • 最新技術は常にチェックしておきたい
  • VRの歴史をサクッと知りたい
  • 新しい物好き

以降で具体的にご紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもVRって何?

「VR」とはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略称です。

多くの人は「ヘッドマウントディスプレイをかぶることで仮想空間を体感できる」状態をイメージすると思います。

VR=仮想現実

日本語訳としては様々な議論があるため適切な表現はできませんが、あえていうなら人工現実感、または仮想現実といったところでしょう。

人工的な映像や五感体験を通じて、架空の現実感を味わえるということです。

なぜVRが普及し始めたのか

実は、VR自体はそこまで新しいコンテンツというわけではありません。

1968年にアメリカ人計算機科学者のアイバン・サザランド氏とその教え子により開発されたヘッドマウントディスプレイが始まりです。

ちなみに、その装置は天井から垂れ下がる機器が頭に刺さっているように見えたことから「ダモクレスの剣」と呼ばれたそうです(男心をくすぐりますね…!)。

火付け役はFacebook

VRは他の領域が進歩するにつれて幾度となく取り沙汰されていましたが、なかなか世間に受け入れられず本格的な普及には至りませんでした。

しかし、2012年にスマホの技術を応用したOculusRift(オキュラスリフト)の登場により、低価格でシンプルなVR製品を大量生産できるようになりました。

そして、OculusRiftを開発したOculusVR社(現Oculus社)をFacebookが買収することで、投資・開発が加速し、競合も増えて現在に至ります。

VR普及の火付け役がFacebookだったとは、さすがマークザッカーバーグ氏ですね。

本格的な普及が予想される理由

一般消費者向け機材の登場以外でもう一つ大きな要因とされるのは、ゲーム業界から生まれた「ゲームエンジン」という開発ツールがあります。

ゲームエンジンは、コンピュータゲームのソフトウェアにおいて共通して用いられる主要な処理を代行して効率化するソフトウェアの総称です。

スマートフォンの登場

ゲームエンジンを用いることでゲーム開発の工数を大幅に削減でき、3Dゲームや3D映像制作の敷居を下げることが出来ました。

加えて、SNSやオンライン配信プラットフォームの普及が制作したコンテンツの周知や配布をしやすくしているのもVR普及の要因の一つです。

また、最近VRに対応してきたコンテンツとしては「YouTube」や「Facebookの360度全天球動画・画像配信」などが挙げれらます。

やはりスマートフォンの登場で、より身近で手軽にVRコンテンツを視聴できるようになったということがわかります。

VRとARの違い

VRと同じくらい耳にする言葉として「AR」がありますが、違いはご存知でしょうか。

以降では、VRとARの違いについて説明していきます。

AR=拡張現実

ARはAugmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略であり、拡張現実と呼ばれるものです。

VR技術のヘッドマウントディスプレイでは「視覚情報を架空のものに置き換える」というコンテンツですが、AR技術では「現実世界に人工的な情報を加える」といった具合になります。

  • VR=CGなどの架空の世界に没入すること
  • AR=現実の世界にCGなどから情報を重ねる

ちなみに、最近ではVRとARを複合した「MR(Mixed Reality:ミクストリアリティ)」も注目され始めています。

VRでできること

基本的にVRは映像化できればどんなものでも表現できます。

一方で、仮想空間の映像を用意しなければならないため、現実世界へシームレスに連携することはできません。

しかし、現実世界を映すカメラ映像によって前述したMRのようなアプローチとなり、現実空間と仮想空間をシームレスに行き来可能となります。

VR機材の種類によって表現できる幅も異なりますが、現時点で代表的な機材は後述の通りとなっています。

VR用機材

  モデル       機材    活用方法
ハイエンドOculusRift、HTC Vive
PlayStation VR
アトラクション、ゲーム
ミドルレンジ   Samsung Gear VR  ライブ、ゲーム
 エントリー ハコスコ、Google Cardboard    ライブ

まとめ:まだまだ普及していくVRに目が離せない

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

VRまとめ
  • VRは仮想現実を意味する
  • 火付け役はFacebook
  • スマートフォンの登場で本格的に普及
  • VRは映像化できればなんでも出来る

VRをすでにご存知だった方やそうでない方も「VRの始まり」や「なぜVRが普及し始めたのか」ということを知ることが出来たのではないでしょうか。

現代のようにVRが普及するまでに至った理由にはスマートフォンの登場が大きく関わっていたんですね。

また、その火付け役は世界的な有名なGAFAの一員『Facebook』でした。

2020年には次世代移動通信「5G」の実用化がされることもあり、VRコンテンツはまだまだ伸び代を残していることが予想できます。

そんな日進月歩している技術を実際に体験したい方は、VR体験プランを提供している「asoview!(アソビュー)」をチェックしてみてください。

▼本記事で参考にした書籍

読書
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『サボル』をフォローする
スキマプット

コメント