スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

ポイ活

ポイント二重取りアプリKyashのメリットデメリット【知らなきゃ損】

更新日:

買い物や食事のお会計でポイントを貯めるためにクレジットカードで支払いを済ませているあなた。

その時にクレジットカードとは別で、ポイントが2重取りできたら嬉しいですよね?

本記事では、ポイント2重取りを可能にするウォレットアプリKyash(キャッシュ)」をご紹介します。

※2020年4月1日から新しいKyash Card登場

結論から言うと、Visaカードが使える場面での支払いをKyash(キャッシュ)にすることで、クレジットカードとは別で1.0%のポイントを獲得できます。

※2020年4月1日から還元率0.5%に改悪

年会費無料でノーリスクなので、使わなきゃ損と言えます。

※2020年4月1日からリアルカード発行300円

本記事に向いている方

  • 少しでも節約したい
  • できるだけお得に買い物したい
  • クレカ払いで買い物することが多い

以降でまとめていきます。

(※本記事では、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualをご紹介しています)

Kyashはポイント二重取りできるウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

個人間送金と決済ができるウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)は、「個人間送金」と「決済」ができるウォレットアプリです。

簡単に言うと、お店やネットショッピングでのお会計をKyashで支払うことで、ポイントを貯めることができます。

✔Kyashで出来ること

  • 個人間送金
  • 決済

バーチャルとリアル

審査不要でバーチャル上にVisaブランドのカードを発行でき、Amazonや楽天、メルカリなどのオンラインショップで利用できます。

審査に必要な時間は約1分と、あっという間に作れちゃいます。

また、プラスチック製のリアルカードを発行すれば、全国のVisa加盟店でクレジットカードとほぼ同じように使えます。

✔作れるカード

  • バーチャルカード
  • リアルカード

メリット:お得なのにノーリスク

もちろん、年会費は無料。

そして、Kyash最大のメリットは、最大1%の高還元ポイントバックです。

ノーリスクでポイントを貯めることが出来るので、やらなきゃ損なサービスと言えます。

普段の買い物による決済をKyashに置き換えるだけで、お得にポイントを貯めることができるので、この機会に是非利用方法を知っておきましょう。

✔️Kyashのメリット

  • 年会費は無料
  • 最大1%ポイントバック

デメリット:使えない場合がある

ノーリスクでポイント二重取りができるKyashですが、店頭でリアルカードを使うときは注意が必要です。

KyashはICチップ非搭載なプリペイドカードのため、差し込んでICチップを読み込むタイプのお支払いには使えません。

※スラッシュしてカード情報を読み込むタイプは使用できます。

よくわからない場合は、会計でKyashカードをレジの店員さんに渡す際に「スラッシュするタイプです」と伝えれば対応していただけます。

店員さんがわからない時は、通常のクレジットカードを使うようにしましょう。

また、ガソリンスタンドや公共料金での支払いなど、Kyashが利用できない場合もあるのでKyash公式サイト「 利用できないVisa加盟店 」でご確認ください。

✔️Kyashのデメリット

  • お店によってはVisa加盟店でも使えない
  • VISA加盟店でも支払い先によっては使えない

Kyashの利用方法

Kyashを利用するには、アプリをダウンロードして利用登録する必要があります。

次に、Kyashには「バーチャルカード」と「リアルカード」の二種類があるのでそちらについて説明していきます。

バーチャルカード

Kyashのバーチャルカードは、オンライン専用のVisaカードです。
「メールアドレス」と「携帯電話番号」だけあれば、アプリから1分で発行できます。

✔️バーチャルカードの還元率

  • 0.5%

✔️バーチャルカードの利用限度額

  • 1回/1日の利用限度額:〜3万円 
  • 1ヶ月の利用限度額:〜12万円 

リアルカード

Kyashのリアルカードは、「街のお店」と「オンライン」の両方で使えるVisaカードです。

簡単に申し込みができて、後日郵送で届きます。

✔️リアルカードの還元率

  • 1.0%(※2020年4月1日より0.5%に改悪)

✔️リアルカードの利用限度額

  • 1回/1日の利用限度額:〜5万円
  • 1ヶ月の利用限度額:〜12万円

リアルカードを発行すれば、「利用限度額(1回/1日)が増える」「ネットと店舗の両方で使える」というメリットばかりです。

利用登録の際は迷わずリアルカードを発行しましょう。

発行したのち、アプリで「チャージ方法」を登録することで利用可能となります。

チャージ方法

Kyashのチャージ方法は4つあります。

✔️Kyashチャージ方法

・クレジットカード
・セブン銀行ATM
・コンビニ
・銀行ATM(ペイジー)

オススメは圧倒的にクレジットカードです。

チャージ方法をクレジットカードにすることで、Kyashのポイントとクレジットカードのポイントの二重取りが可能になります。

また、「自動チャージ」という設定をしておけば、決済の度にチャージする必要がないので手間はかかりません。

Kyashで二重取り以上する方法

QRコード決済ができる店舗では、ポイント二重取りだけでなく、三重取りする方法もあります。

二重取り

例:還元率1%のオリコカードや楽天カードの場合

✔️Kyash還元ポイント1%+クレジットカード還元ポイント1%

そして、スマホ決済(QRコード決済アプリ)の支払い元をKyashにすることで三重取りにできます。

三重取り

✔️Kyash還元ポイント1%+クレジットカード還元ポイント1%+アプリ還元ポイント0.5%

※還元率0.5%の楽天ペイ、PayPay、LINE Payなどの場合

さらに、利用するお店の提携ポイントカードを先に提示しておくことで四重取りすることも可能です。

四重取り

✔️Kyash還元ポイント1%+クレジットカード還元ポイント1%+アプリ還元ポイント0.5%+共通ポイントカード1%

※Tポイント、Pontaポイントなど

ローソンやファミリーマートなどのコンビニであれば、TポイントやPontaといった共通ポイントを併用して貯めることができます。

まとめ:ポイント二重取りアプリは使わなきゃ損

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

✔️Kyashとは

  • 「個人間送金」と「決済」ができるウォレットアプリ
  • 年会費無料・還元率1%・登録1分
  • バーチャルカードよりリアルカードがお得
  • 二重取りだけでなく四重取りまで可能

参考までに私のKyash利用方法をご紹介します。

  • チャージ用クレジットカード:楽天カード
  • スマホ決済アプリ:楽天ペイ
  • よく使う場所:コンビニ、飲食チェーン店

Kyashは、Visa加盟店で積極的に活用すればクレジットカードとは別で1.0%のポイントを獲得できます。

また、年会費無料な上に、スマホ決済アプリ(ペイ系アプリ)や共通ポイント(TポイントやPontaポイント)も併用して貯めることもできるので知らなきゃ損と言えます。

最初の設定は一手間ですが、積み重ねることで数千ポイントも夢ではないので、コツコツ活用して周りの人よりも得しちゃいましょう。

-ポイ活
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.