【Python】失敗しない入門書選び『Python1・2年生シリーズ』【選ばれる理由は〇〇】

スポンサーリンク
Python 1・2年生シリーズ
こんな悩みをお持ちのあなた
  • Pythonを独学したいけど何から始めればいい?
  • プログラミング初心者に優しいPython入門書ってある?
  • 学習書って値段が高いけどどれがいいの?

本記事では、Python独学の入門書『Python1・2年生シリーズ』を一般的なプログラミング教材と比較してご紹介します。

結論から言うと、Python1・2年生シリーズは難しい表現がなく、プログラミング教材の中でもダントツにわかりやすいです。

本書では「Pythonでできること」や「インストール方法」といった基本的なことを、イラストや対話形式で簡単に理解できます。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

【Python】失敗しない入門書選び『Python1・2年生シリーズ』【プログラミング初心者にオススメ】

Python1・2年生シリーズは、2021年の時点で出版社の翔泳社から3種類が出版されいます。

そして、それぞれがPythonの特定の分野に特化した教材となっています。

つまり、一冊完結型の教材のため、Pythonの基礎をステップを踏んでマスターできます。

なお、一般的な教材が500ページ、Python1・2年生シリーズが200ページ以下であることを比べるとボリュームは少ないです。

学習における達成感はかなり重要なので、総合的に考えてもプログラミング初心者にとってハードルが低い教材と言えます。

以降で、Python1・2年生シリーズを発行された順で紹介していきます。

Python1・2年生シリーズ
  • Python1年生 プログラミングの仕組み
  • Python2年生 スクレイピングの仕組み
  • Python2年生 データ分析の仕組み

Python1年生 プログラミングの仕組み「基礎学習から人工知能アプリまで!?」

『Python1年生 プログラミングの仕組み』は、Python1・2年生シリーズの中で一番最初に発刊されたPython入門書です。

「これからPythonを勉強するぞ!」というプログラミング初心者に向けて、Pythonの基礎が優しくまとめられています。

本書は「Pythonでできること」や「インストール方法」などをイラストや対話形式で直感的に理解できる工夫がされています。

また、本書ではPythonの基礎を学んだ集大成として人工知能アプリまで作れます。

難しい表現はほとんど使われていないので、Pythonで達成感を得る最初のステップとしては最適な入門書です。

Python2年生 スクレイピングの仕組み「Pythonで副業をしたい人に最適!」

『Python2年生 スクレイピングの仕組み』は、Python1・2年生シリーズの中で2冊目に発刊されたスクレイピング入門書です。

本書は、『Python1年生 プログラミングの仕組み』の次のステップとして学ぶ、2冊目のPython入門書となっています。

「データを収集して使いやすく加工する技術」のスクレイピングを、イラストと対話形式で直感的に理解できます。

このスクレイピングを習得する最大のメリットは、得られたPythonスキルを副業に繋げられることです。

なぜなら、Pythonを使った副業案件の多くは、スクレイピングを用いるものが多いからです。

Python2年生 データ分析の仕組み「データサイエンティストへの第一歩!」

『Python2年生 データ分析の仕組み』は、Python1・2年生シリーズの中で3冊目に発刊されたデータ分析入門書です。

こちらは『Python2年生 スクレイピングの仕組み』の次のステップとして学ぶ、3冊目の学習書となっています。

「データを集めて問題を解決するための技術」のデータ分析をイラストと対話形式で直感的に理解できます。

この「データ分析」は、昨今需要を増しているデータサイエンティストにとって必要付加可決なスキルとされています。

統計的な知識やビジネス構造の理解は必要ですが、少なからずデータサイエンティストの第一歩となる書籍です。

一般的なプログラミング学習教材との違い

Python1・2年生シリーズがほかの一般的なプログラミング教材と比較して何が違うのかを3つ説明していきます。

他の教材との違い
  • 会話形式で内容が直感的に頭に入る
  • イラストや図解が多用されていてわかりやすい
  • ページ数が少なくサクッと学習できる

①会話形式で内容が直感的に頭に入る

Python1・2年生シリーズでは、課題に対して自分で手を動かした後で、先生と生徒さんの対話形式で解説をしてくれます。

初心者だとプログラミングはスラスラ書けませんが、優しい構成のおかげで手と目を使って内容を直感的に理解可能です。

また、著者と出版社からはプログラミングを始める人を応援してくれるような、とても親切で暖かいイメージを感じます。

②イラストや図解が多用されていてわかりやすい

プログラミングに限らず、勉強は教える側がうまく説明できないと「黙って従えばいい」といった教え方になりがちです。

一方で、Python1・2年生シリーズはイラストや図解が多用されているため、初心者にもわかりやすい内容となっています。

また、プログラミング教材としては珍しく、優しいカラーページとなっていることから学習を飽きさせない工夫を感じます。

③ページ数が少なくサクッと学習できる

一般的なプログラミング教材というと敷居が高いイメージがあります。

しかし、Python1・2年生シリーズは、ページ数が少なくサクッと学習できます。

Python1・2年生シリーズは200ページくらいなので、集中すれば1〜2日で勉強できるくらいのボリュームです。

学習において「達成感」はとても重要なので、プログラミング初心者が自信をつけるのに最適な入門書と言えます。

まとめ:失敗しない入門書なら『Python1・2年生シリーズ』で間違いなし!

まとめ

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

Python1年生 プログラミングの仕組み
  • 基礎学習から人工知能アプリまで学べる
Python2年生 スクレイピングの仕組み
  • Pythonで副業をしたい人に最適
Python2年生 データ分析の仕組み
  • データサイエンティストへの第一歩
一般的なプログラミング学習教材との違い
  • 会話形式で内容が直感的に頭に入る
  • イラストや図解が多用されていてわかりやすい
  • ページ数が少なくサクッと学習できる

Pythonを独学の入門書『Python1・2年生シリーズ』の特徴を紹介しました。

Python1・2年生シリーズは難しい表現がほとんど使われておらず、プログラミング教材の中でもダントツでわかりやすいです。

したがって、初めてPythonを学ぼうとする人でも挫折しにくく、最初に勉強する入門書として最適の一冊です。

これからPythonを独学しようと考えている人はぜひご検討ください。

>>【Python】実践データ分析100本ノック

コメント