スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

未分類

新年の抱負は「何をしないか」が大切【もう挫折しない】

更新日:

2020年まで残りあとわずか、多くの方が新年の抱負を考えている頃だと思います。

とはいえ、目標を達成できている方は少ないのが現状です。

ではなぜ、毎年のように挫折を繰り返してしまうのでしょうか。

先日、理由の一つをTwitterで呟きました。

「何をするか」よりも「何をしないか」が大切な理由を深掘りしていきます。

本記事に向いている方

  • 年が明けて数日経つと目標を忘れてしまう
  • 毎年抱負を立てるが挫折してしまう
  • 来年こそは絶対に成功したい

「何をしないか」が大切な理由

誰しも新年の抱負を立てた際、最初こそ目標に向かって取り組みます。

ただ、1年間ずっと同じ目標に集中することは、例え意識していたとしても去年と同じように生活してる場合は難しいです。

なぜなら、目標のための活動以外にも様々なことに取り組んでしまっているからです。

そこで、自分の過去一年間を見つめ直し、新年にやらなくていい「ムダ」を徹底的に取り除くことで、本当にやるべきことだけに集中する環境を作り出すことが重要になってきます。

「何をしないか」を徹底するメリット

「何をしないか」を徹底するメリットは3つあります。

  1. 本当にすべきことが鮮明になり、目標が明確化しやすい
  2. ムダをなくすことで、時間と身体に余裕が生まれる
  3. やることが絞られるため、目標を見失わない

本当にすべきことが鮮明になり、目標が明確化しやすい

一年を振り返ると、元々立てていた目標以外のことにかなりの時間を割いていたはずです。

  • あれは本当にする必要があったのかな
  • そもそも目標は正しかったのだろうか

抱負を立てる前に、上記のような見直しを行うことで、本当にすべき目標が浮き彫りになってきます。

見直しを怠って新年の抱負を立ててしまうため、毎年挫折してしまうんですね。

ムダをなくすことで、時間と身体に余裕が生まれる

本来する必要がないことを減らすことで、時間と身体的に余裕が生まれてきます。

毎日を振り返ると以下のようなことをしていませんか?

  • 暇な時はなんとなくテレビをつけている
  • 意味もなくスマホを長時間いじっている
  • 休日に遅くまで夜更かしや二度寝

もちろん息抜きも必要ですが、上記の行動は不要な場合がほとんどです。

意外と時間を浪費しがちな行動を改めることで、やるべきことのために多くの時間を割くことができます。

やることが絞られるため、目標を見失わない

毎年抱負を立てても半年せずに忘れてしまう方がほとんどです。

日々、忙しない生活を送っている方は必然と言えます。

本来やるべきこと以外の行動に翻弄されている状態ですね。

「何をしないか」を決めた上で新年の抱負を決めることで、自ずととるべき行動が限られてくるので目標を見失わずに一気通貫ができます。

まとめ:何をしないかを考えよう

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  1. 本当にすべきことが鮮明になり、目標が明確化しやすい
  2. ムダをなくすことで、時間と身体に余裕が生まれる
  3. やることが絞られているため、目標を見失わない

新年の抱負を立てる前には、来年「何をしないか」を徹底することで挫折せず目標達成することができます。

2020年まで残すところあとわずか、今年一年を振り返ることで新たな年に相応しい目標を計画しましょう。

-未分類
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.