スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

シェアリングエコノミー

モノオクのホスト情報交換会(2回目)に参加した感想【内容公開】

更新日:

2020年1月31日に開催された、二回目のモノオク『ホストミートアップ』に参加してきました。

「モノオクって何?」という方は下記をどうぞ。

>>モノオクは副業に最適!仕組み、稼げる時期やコツ、安心取引の理由を解説

本記事では、第一回目との共通点、会場での出来事や交流会の内容などの感想をまとめていきます。

第一回目ホストミートアップに参加した時の記事はこちら

✔️本記事に向いている方

  • ミートアップってどんなことやるの?
  • モノオクってどのくらいの人が利用しているの?
  • 今後もモノオクのイベントってあるの?

結論から言うと、参加して正解でした。

なぜなら、前回と同様、最新情報やサービス利用のコツなどに加えて、事前アンケートへの回答もしていただけたからです。

その結果、ホストをする上での不安や疑問を払拭することができました。

また、実際にモノオクスタッフの方々と交流することで、前回のミートアップで助言いただいた後の成果や、イベントで当選した景品のお礼をすることができました。

以降でまとめていきます。

ミートアップ(ホスト情報交換会)とは

ミートアップとは、共通する興味のある分野や趣味などに関してインターネット上で告知が行われ、参加者が集まるイベントを指します。

今回はメールで告知があったので若干異なりますが、ある共通の分野で集まった人たちで意見交換などの交流をする場というニュアンスです。

第一回目との共通点

第一回目のミートアップとの共通点は3つありました。

✔️前回との共通点

  • 参加条件
  • プレゼン
  • 会場の場所

重複する内容は、第一回目ミートアップの参加内容をまとめた記事で詳しく紹介しています。

会場での出来事

会場で催された出来事を紹介していきます。

✔️会場での出来事

  • サービス新機能の紹介
  • 事前アンケートへの回答

サービス新機能の紹介

アップデートしたサービス内容について代表からご紹介いただきました。

今回は、前回のミートアップから約1ヶ月半と、あまり日が経っていなかったため多くの最新情報はありませんでした。

強いて言えば、契約期間が日付で選択できるなどのシステムの変更がありました。

✔️ホストとゲストで契約内容が見やすくなった

事前アンケートへの回答

ミートアップ招待メールへの返信の際、参加者は要望などを答える簡単な事前アンケートを記入していました。(第一回目の時はありませんでした)

集められた事前アンケートへの回答をしていただく場があったので、内容を一部まとめました。

✔️事前アンケートの内容

  • ゲストからどんな荷物を持って来られるか不安
  • 見積に納得してもらえなかった場合の対処
  • 契約期間をカレンダー表記で選択形式にしてほしい

回答は、すべて代表の阿部氏からの言葉となります。

Q1.ゲストからどんな荷物を持って来られるか不安

A.メッセージ機能では画像のやり取りが可能。心配な場合は、ゲストから写真を送っていただき確認することをおすすめします。

Q2.見積に納得してもらえなかった場合の対処

A.見積は何回でも出し直すことが可能。コツとしては、見積を出す前に相手からある程度の予算を聞くのも一つの手です。

Q3.契約期間をカレンダー表記で選択形式にしてほしい

A.モノオクの場合は、貸し出し期間の終わりがゲストによっては決まっていない場合があるため、現状は優先順位が低い。(カーシェアリングやパーキングシェアリングと比較して)

交流会の内容 

質疑応答の後、テーブルに並べられたオードブルを自由に取って食べる、着席スタイルで食事やお酒を堪能しました。

今回は席に座っての食事だったこともあり、いろいろな方と話す機会があまりなかったのは唯一残念な点でした。(前回は立食だったので代表やスタッフのみならず、参加者とも交流することができた)

✔️具体的な会話の内容

  • 前回のアドバイスを受けて実績ができたこと
  • 現時点のモノオク利用者数
  • 万が一に返金したい場合

前回のアドバイスを受けて実績ができたこと

前回のミートアップでは、掲載写真の撮り方や、新機能の登録のコツを教えていただけました。

そして、そのおかげでホストとして実績(わずか3,000円ですが)を作ることができました。

そのことについてモノオク運営者の方にお礼を伝えると、一緒になって喜んでいただけてこちらも嬉しくなりました。

ビジネス上の関係だとしても、顔を合わせて近況を報告できるということは、ミートアップに参加する一つのメリットと呼べます。

現時点のモノオク利用者数

何度かテレビ出演をしているほど勢いのあるモノオクなので、現時点の登録者数を尋ねてみると、1万5千人とのことでした。

✔️メディア出演情報(2020年2月時点)

  • がっちりマンデー
  • めざましテレビ
  • Tec Crunch Tokyo2017
  • ミヤネ屋

登録者数については「意外と少ないな」と思ったのが正直なところですが、急激に増えていると話していたので、これからも目が離せないサービスということは変わりありません。

また、当たり前ですが需要が増える時期は、とくに登録者が増えるとお話ししていた。

どんな時期に需要が増えるか気になる方は、以前に代表から直接聞いた内容をまとめた記事があるのでそちらをご覧ください。

>>モノオクの需要が10倍増える時期と人気スペースの秘訣【代表に聞いた】

万が一に返金したい場合

一度、ゲストとの取引成立後、どちらかの都合によりキャンセルや一部返金がしたい場合はどうなるのかを尋ねてみたところ、結果は「返金不可」。

ただし、自然災害や身内の不幸によるものなど、運営に相談して了承が得られれば返金対応もできると回答いただけました。

✔️運営に相談できるケース

  • 自然災害
  • 身内の不幸
  • 事故や病気

✔️運営に相談できないケース

  • 自分都合によるもの
  • 他で借りる(貸す)から
  • 気が変わった

まとめ:ホスト情報交換会には率先して参加しよう

「最新情報の共有」などの有益な情報に加えて、事前アンケートへの回答も代表からその場でしていただけて、ホストをする上での不安や疑問を払拭することができました。

また、実際にモノオク運営者と交流することで、前回のミートアップで助言いただけたことによる成果や、イベントでいただいたノベルティのお礼をすることができました。

交流の場を通じて、情報交換だけでなくサービスを利用する上での安心感も得られるので、今後のミートアップ(ホスト情報交換会)にご都合が合う方は、ぜひ参加されることをおすすめします。

おまけ(抽選・ノベルティ)

前回のイベント同様、今回も「モノオクパーカーが当たる抽選」がありました。(私は第一回目のイベントで当選したため、代表から当たらないと前もって釘を打たれました笑)

>>いただいたモノオクパーカーのレビュー記事はこちら

また、帰り際にはモノオクノベルティを参加者全員に配ってくれました。

✔️ノベルティの内容物

  • モノオクシール
  • モノオクチロルチョコ
  • モノオクウェットティッシュ

すべて日常で使える上に、モノオク仕様となっているからとても嬉しい。

ご紹介した内容の通り、モノオクは収益を利用者に出来る限り還元したいという思いで、イベントやプレゼントを企画してくれています。

今後も参加者特典付きのイベントなどを企画してくれるはずなので、参加される方は是非お楽しみに!

余談ですが、モノオクのようなシェアリングサービスとして、自家用車を貸し出せるAnyca(エニカ)も副業としては最適です。

興味がある方は、下記を合わせてご覧ください。

-シェアリングエコノミー
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.