【Google】検索のコツ!周りと差がつく『4つのキーワード検索』【無料ツール】

スポンサーリンク
  • 調べても目当ての検索結果が得られない
  • 特定にキーワードを除外して検索したい
  • 二つ以上の単語をヒットさせたい

こんな悩みをお持ちのあなた。

本記事では、デキるビジネスマンの必須ツール『Googleキーワード検索』をご紹介します。

結論から言うと、Googleキーワード検索は、超簡単なのにほしい情報を的確にヒットさせてくれます。

これを機に、Googleキーワード検索をマスターして周りと差をつけましょう。

本記事に向いている方
  • 調べ物で望み通りの検索結果が得られない
  • 効率よく的確な情報をピックアップしたい
  • わからないことはすぐにGoogleで検索する

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

Google検索のコツ!周りと差がつくキーワード検索4選【完全無料】

調べ上手な人が使うGoogleで使う代表的な4つのキーワード検索について解説していきます。

4つのキーワード検索
  • AND検索(○○ △△)
  • OR検索(○○ or △△)
  • 除外検索(○○ -××)
  • キーワード検索(”○○”)

AND検索「○○ △△」

AND検索は、2つ以上の単語すべてをヒットさせる検索方法です。

【例】GoogleとYahooの二つを両方ヒットさせたい場合

「○○ △△」

→検索欄には「Google Yahoo」と入力。

(「Google AND Yahoo」や「Google + Yahoo」でも可能)

※単語間にはスペースを入れましょう

OR検索「○○ OR △△」

OR検索は、二つ以上の単語のどれかをヒットさせる検索方法です。

【例】トヨタと日産のどちらかをヒットさせたい場合

「○○ OR △△」

→検索欄には「トヨタ OR 日産」と入力。

※単語間にはスペースを入れましょう

除外検索「○○ -××」

除外検索は、特定の言葉を除外する検索方法です。

【例】AppleをヒットさせたいがiPhoneを除外したい場合

「○○ -××」

→検索欄には「Apple -iPhone」と入力。

※「Apple」と「-iPhone」の単語間にはスペースを入れましょう

完全一致検索「”○○”」

完全一致検索は、キーワードを完全一致でヒットさせる検索方法です。

【例】「Googleで検索」をヒットさせたい場合

「”○○”」

→検索欄には「”Googleで検索”」と入力。

※ちなみに””←この記号は「ダブルクォーテーション」と読みます

キーワード検索を組み合わせる場合

先ほど紹介したキーワード検索を組み合わせた場合の例をご紹介します。

OR検索とAND検索「(○○ OR △△)××」

OR検索とAND検索は、「二つ以上の単語のどれかをヒットさせる方法」と「2つ以上の単語すべてをヒットさせる方法」を組み合わせた検索方法です。

【例】Googleまたは Yahooのうち、求人を調べたい場合

「(○○ OR △△) ××」

→検索欄には「(Google OR Yahoo)求人」と入力。

まとめ:Google検索のコツを覚えて適切に情報収集

本記事のまとめ

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

4つのキーワード検索
  • AND検索(○○ △△)
  • OR検索(○○ or △△)
  • 除外検索(○○ -××)
  • キーワード検索(”○○”)

適切なキーワード検索を活用することで、目当ての情報をスピーディーかつ的確にヒットさせることができます。

本記事では、知っているだけで周りと差がつくGoogleの検索方法をご紹介させていただきました。

ご紹介した内容を参考に、Google検索を賢く活用しましょう。

登録したキーワードの最新情報をリアルタイムで自動的に通知してくれるGoogleアラートについてもまとめています。

よろしければ、下記の記事も合わせてご覧ください。

>>【情報収集の効率化】デキるビジネスマンのインプット術『Googleアラート』【無料神ツール】

便利ツール
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『さぼる』をフォローする
スキマプット

コメント