【Apple】AirPods ProとMacの相性『ペアリングの注意点と応用』【画像付き解説】

スポンサーリンク
  • AirPods ProをMacでペアリングしたい
  • ノイズキャンセリングをMacで切り替えたい
  • 1台のMacで2つのイヤホンを共有したい

こんな考えをお持ちのあなた。

本記事では、AirPods Pro(エアーポッズプロ)をMacにペアリングする手順について、注意点と応用方法を踏まえてご紹介します。

結論から言うと、MacでAirPods Proを使う場合は、macOSのバージョンにご注意ください。

なぜなら、あなたがお使いのMacのmacOSがCatalina 10.15.1 以降でなければ、AirPods Proは使えないからです。

※本記事では、MacBook Air(2019)を用いてAirPods proとのペアリングを解説しています

また、記事の後半では、Mac側でノイズキャンセリングを切り替える方法や、1台のMacに2つのBluetoothイヤホンをペアリングする方法にも触れていきます。

以降でまとめていきます。

スポンサーリンク

AirPods ProをMacにペアリングする方法【Bluetooth接続】

airpodsproとMac

AirPods ProをBluetooth接続でMacにペアリングする前に、まずはmacOSのバージョンを確認しましょう。

※基本的に、macOS MojaveをインストールできるMacであればCatalinaへアップグレード可能

macOS Catalinaのサポート対象
  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013以降)

macOSのバージョンに注意!

AirPods Proは、MacのmacOSがCatalina 10.15.1 以降でなければ、使用することができません。

macOSをアップデートまたはアップグレードしていない方は、「システム環境設定」→「今すぐアップデート」でMacを更新しましょう。

macOSの更新手順
  1. Macで「システム環境設定」を開く
  2. 「今すぐアップデート」をクリック

※アップグレードをする場合、Macのバックアップを取っておくことを推奨します。

>>Apple「バックアップを作成」

①Macで「システム環境設定」を開く

②「今すぐアップデート」をクリック

ちなみに、同じApple IDを使用すればペアリングはとても簡単にできます。

そこで、Apple IDが同じ場合と違う場合の、2パターンのペアリング方法をご紹介します。

パターン①:同じApple IDを使用してペアリング

同じApple IDを使用するペアリングの場合、設定までのステップは少なく済みます。

ペアリング手順
  1. MacのBluetoothをクリック
  2. AirPods Proの「接続」をクリック

①MacのメニューバーにあるBluetoothボタンをクリック

②AirPods Proの「接続」をクリック

パターン②:Apple IDを使わずペアリング

Apple IDを使わないペアリングの場合でも、設定はそこまで難しくないのでご安心ください。

ペアリング手順
  1. MacのBluetoothをクリック
  2. Bluetoothの環境設定を開くをクリック
  3. AirPods Proの背面の物理ボタンを数秒長押し
  4. 環境設定画面で「AirPods Pro」が表示されたら接続

①MacのメニューバーにあるBluetoothボタンをクリック

②“Bluetoothの環境設定を開く”をクリック

mac 画面

※Bluetooth環境設定画面は、Macの「システム環境設定」からも入ることができます。

③AirPods Proの背面の物理ボタンを数秒長押し

④環境設定画面で「AirPods Pro」が表示されたら接続

AirPods ProのノイズキャンセリングをMacで切り替える方法

AirPods Proのノイズキャンセリング機能はイヤホン側から変更できるだけでなく、Mac側でも変更できます。

Mac側でノイズキャンセリングを切り替えるためには、Macのメニューバーに音量マークを表示させる必要があります。

それでは、順を追って説明していきます。

ノイズキャンセリング切り替え手順
  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「サウンド」を選択
  3. 「メニューバーに音量を表示」にチェック
  4. 「音量マーク」をクリック
  5. 「AirPods Pro」から切り替え

①「システム環境設定」を開く

②「サウンド」を選択

③「メニューバーに音量を表示」にチェック

④「音量マーク」をクリック

⑤「AirPods Pro」からノイズキャンセリングを切り替え

1台のMacに2つ以上のBluetoothイヤホンを接続する方法【応用編】

1台のMacを2人で使用する際に、AirPods ProなどのBluetoothイヤホンを、同時に2つ以上ペアリングは基本的にできません。

ただし、別売のBluetooth送信機を用いれば、一台のMacにワイヤレスイヤホンを2つ接続することは可能です。

Mac対応で、近年主流となっているUSB-Cタイプのケーブルが接続できるBluetooth機器は下記のものとなります。

まとめ:AirPods ProとMacなら同じApple製品で相性バッチリ

紹介した内容をもう一度まとめておきます。

ご紹介した内容まとめ
  • AirPods ProはmacOS:Catalina 10.15.1 以降で使用可能
  • 同じApple IDならMacとのペアリングが簡単
  • ノイズキャンセルをMacで切り替えるなら音量マーク
  • 1台のMacに2つのワイヤレスイヤホンを繋げるなら別売のBluetooth送信機を使えばOK

AirPods Proは、同じApple製品であるMacならペアリングがしやすくて相性バッチリです。

これからAirPods Proを購入してMacでも使おうと考えている方は、お手持ちのMacがmacOS Catalinaにサポートされているか確認しておきましょう。

macOS Catalinaのサポート対象一覧
  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013以降)

また、AirPods Proの購入を検討中という方は、AirPods Proを使った感想をまとめた下記の記事をご参考ください。

>>【Apple】AirPods Pro『魔法のイヤホンと呼べる3つの理由』

ガジェット
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『さぼる』をフォローする
スキマプット

コメント