スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

製品

【AirPods Pro】Macとの相性『ペアリングの注意点と応用』

投稿日:

  • AirPods ProをMacでペアリングしたい
  • ノイズキャンセリングをMacで切り替えたい
  • 1台のMacを2つのイヤホンで共有したい

こんな考えをお持ちのあなた。

AirPods Proは、「iPhoneで使うイヤホン」という認識が強いですよね。

とは言え、同じApple 製品であるMacなら、ペアリングのしやすさから相性バッチリです。

本記事では、AirPods ProをMacにペアリングする手順に加えて、注意点と応用方法をご紹介します。

※ちなみに、筆者はMacBook Air(2019)でAirPods proを使用

>>AirPods Proの魔法を体験した感想はコチラ

結論から言うと、MacでAirPods Proを使う場合、macOSのバージョンにご注意ください。

なぜなら、お使いのMacのmacOSがCatalina 10.15.1 以降でなければ、AirPods Proは使えないからです。

また、後編では、Mac側でノイズキャンセリングを切り替える方法や、1台のMacに2つのBluetoothイヤホンをペアリングする応用にも触れていきます。

AirPods ProをMacにペアリング(Bluetooth接続)する方法

AirPods ProをMacにペアリング(Bluetooth接続)する際の注意点と手順を説明していきます。

ちなみに、同じApple IDを使用すればペアリングがとても簡単なので、2つのパターンをご紹介します。

macOSのバージョンに注意

AirPods ProをMacで使いたいと考えている方は、macOSのバージョンを確認しておきましょう。

AirPods Proは、MacのmacOSがCatalina 10.15.1 以降でなければ、使用することができません。

アップデート、またはアップグレードをしていない方は、「システム環境設定」→「今すぐアップデート」でMacを更新しましょう。

※アップグレードをされる方は、バックアップを取っておくことを推奨します。

>>Apple「バックアップを作成」

✔️macOSの更新手順

  1. Macで「システム環境設定」を開く
  2. 「今すぐアップデート」をクリック

▼Macで「システム環境設定」を開く

▼「今すぐアップデート」をクリック

✔️macOS Catalinaのサポート対象一覧

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013以降)

※基本的に、macOS MojaveをインストールできるMacであれば、Catalinaへアップグレード可能です

同じApple IDを使用してペアリング

同じApple IDを使用する方が、ペアリング設定するまでのステップが少なく済みます。

✔️ペアリング手順

  1. MacのBluetoothをクリック
  2. AirPods Proの「接続」をクリック

▼MacのメニューバーにあるBluetoothボタンをクリック

▼AirPods Proの「接続」をクリック

Apple IDを使わずペアリング

Apple IDを使わない場合でも、ペアリング設定は難しくないので、やり方を知りたい方はご参考ください。

✔️ペアリング手順

  1. MacのBluetoothをクリック
  2. Bluetoothの環境設定を開くをクリック
  3. AirPods Proの背面の物理ボタンを数秒長押し
  4. 環境設定画面で「AirPods Pro」が表示されたら接続

▼MacのメニューバーにあるBluetoothボタンをクリック

▼“Bluetoothの環境設定を開く”をクリック

※Bluetooth環境設定画面は、Macの「システム環境設定」からも入ることができます。

▼AirPods Proの背面の物理ボタンを数秒長押し

▼環境設定画面で「AirPods Pro」が表示されたら接続

AirPods ProのノイズキャンセリングをMacで切り替える方法

AirPods Proのノイズキャンセリング機能は、イヤホンの「うどんの部分」を長押しして変更できるだけでなく、Mac側でも変更できます。

ノイズキャンセリング切り替え手順

Mac側でノイズキャンセリングを切り替えるためには、Macのメニューバーに音量マークを表示させる必要があるので、順を追って説明していきます。

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「サウンド」を選択
  3. 「メニューバーに音量を表示」にチェック
  4. 「音量マーク」をクリック
  5. 「AirPods Pro」から切り替え

▼「システム環境設定」を開く

▼「サウンド」を選択

▼「メニューバーに音量を表示」にチェック

▼「音量マーク」をクリック

▼「AirPods Pro」からノイズキャンセリングを切り替え

1台のMacに2つ以上のBluetoothイヤホンを接続する方法

1台のMacを2人で利用したい場合、AirPods ProなどのBluetoothイヤホンを、Macへ同時に2つ以上ペアリングすることは基本的にできません。

ただし、別売のBluetooth送信機を用いればワイヤレスイヤホンを2つ接続することは可能です。

Mac対応のBluetooth送信機

Mac対応で、近年主流となっているUSB-Cタイプのケーブルが接続できるBluetooth機器は下記になります。

まとめ:AirPods ProとMacなら同じApple製品で相性バッチリ

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  • AirPods ProはmacOS:Catalina 10.15.1 以降で使用可能
  • 同じApple IDならMacとのペアリングが簡単
  • ノイズキャンセルをMacで切り替えるなら音量マーク
  • 1台のMacに2つのワイヤレスイヤホンを繋げるなら別売のBluetooth送信機を使えばOK

AirPods Proは、同じApple製品であるMacなら、ペアリングがしやすくて相性バッチリです。

これからAirPods Proを購入してMacでも使おうと考えている方は、お手持ちのMacがmacOS Catalinaにサポートされているか確認しておきましょう。

✔️macOS Catalinaのサポート対象一覧

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013以降)

また、AirPods Proの購入を検討中という方は、AirPods Proを使った感想をまとめた下記の記事をご参考ください。

-製品
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.