【みんなの銀行】紹介コード最新情報!1,500円GETは今だけ!画像付き解説あり

スポンサーリンク

この記事では、誰でも1,500円もらえる超お得なサービス「みんなの銀行」を紹介していきます。

早く紹介コードを知りたい方はこちら↓

紹介コード

「nunTZNCo」

当ブログの紹介コードは、すでに上限の300名を満たしています。

つまり、筆者に1,500円の紹介金は入りません。

「みんなの銀行」を初めて利用する方には、しっかり1,500円が入金されるのでご安心ください。

結論から言うと、「みんなの銀行」は自分の紹介コードを使って最大45万円が得られます。

少なくとも、あなたは1,500円を必ず手に入れられるでしょう。

ただし紹介キャンペーンはいつまでも続くわけではないので、このチャンスを逃さないようお気をつけください。

それでは参ります。

スポンサーリンク

みんなの銀行:スマホ完結ネットバンク

「みんなの銀行」とは、日本初のスマートフォン完結型ネットバンク。

お金の管理をすべてスマホでできる便利なサービスです。

運営会社株式会社みんなの銀行
※株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(100%子会社)
資本金165億円(資本剰余金含む)
口座開設について個人、15歳以上、日本国籍、国内居住者なら口座開設が可能
特徴日本初!スマホ完結の完全デジタルバンク(銀行)
口座開設普通預金と同時に貯蓄預金を開設
デビットカード年会費無料
ATMキャッシュカードの発行なし
セブン銀行ATM で現金入出金が可能
コンセプト

「お金のSNS、はじまる。」

  • 普通預金で口座と財布を一体化
  • 目的別にお金を管理・貯金できる
  • 口座直結のバーチャルデビッドカードで使いすぎない

つまり、お金を使いやすいけど使いすぎない、シンプルで新しいデジタル銀行です。

あなたが「いつ」「どこで」「何に」お金を使ったかが後からチェックでき、

無駄使いを減らせるでしょう。

それでは「みんなの銀行」のメリットを見ていきましょう。

みんなの銀行のメリット:紹介キャンペーン

「みんなの銀行」最大のメリットは『紹介キャンペーン』。

紹介コードを使って口座開設すると1,500円もらえる!

2021年12月中旬までの紹介金は1,000円だったので、1,500円もらえる今はかなりお得。

この1,500円をもらうために特別なことは一切不要です。

スマホで無料口座開設するだけ。

やり方が気になる方は「みんなの銀行の始め方」を参考にしてください。

続いて、「みんなの銀行」のデメリットを確認しておきましょう。

みんなの銀行のデメリット:気にする必要なし

「みんなの銀行」のデメリットは大きく5つ。

  1. スマホでしか口座開設、管理できない(PC不可)
  2. 15歳未満、外国籍、海外居住者は口座開設できない
  3. リアルカードがない
  4. 金利は大手銀行並みの0.001%
  5. 振込手数料、ATM手数料がかかる※非会員の場合

ただしこれらのデメリットは、「一般的な銀行」を基準にする人が気にすること。

スマホで送金する現代で、リアルカードの有無や、他口座への入金手数料を心配する必要はありません。

つまり、デメリットと言っても許容できるレベルです。

次は「みんなの銀行」の使い方をチェックしていきましょう。

みんなの銀行の使い方:Apple PayまたはGoogle Pay

「みんなの銀行」はバーチャルデビッドカードとしてモバイル決済に対応。

ご利用のスマートフォンに応じて下記の登録をしておくと便利です。

  • iPhoneの場合→「Apple Pay」に登録
  • Androidの場合→「Google Pay」に登録

一度設定しておけば、QUICPayでの支払いや、Suicaの残高チャージなどに使えるでしょう。

もちろんオンラインショッピングでも使用可能。

デビッドカードの番号を使えば、JCBのクレジットカードが使える世界中のオンラインストアで買い物ができます。

それでは「みんなの銀行」で1,500円を手に入れる紹介コードの使い方を確認していきます。

みんなの銀行の始め方:紹介コードを使って1,000円GET

みんなの銀行の始め方は以下の通り。

  1. アプリをダウンロード
  2. お客さま情報入力
  3. 本人確認書類アップロード
  4. 本人確認ビデオ認証
  5. ログイン設定

所要時間は10分くらいあればOK。

5つのステップを終え、初回ログイン時に、紹介コード「nunTZNCo」を入力すれば1,500円もらえます。

ただし以下の要件を満たしている必要あり。

  1. 個人(法人用口座は開設不可とのこと)
  2. 15歳以上
  3. 日本国籍かつ国内居住者に限る

おそらく多くの方は当てはまるので大丈夫でしょう。

紹介コードを入力するまでのステップを具体的に解説していきます。

①アプリのダウンロード

「みんなの銀行」はアプリがなければ始まりません。

まだダウンロードが済んでいない方はこちらからどうぞ。

みんなの銀行

みんなの銀行

Minna Bank, Ltd.無料posted withアプリーチ

②お客様情報の入力

アプリをダウンロードしたら、個人情報を入力していきます。

  • 氏名(漢字、フリガナ、ローマ字)
  • 生年月日
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • 就業状況(会社員、個人事業主、学生など)
  • 取引目的(仕事、生活費決済など)

③本人確認書類のアップロード

個人情報を入力したら、本人確認書類のアップロードです。

運転免許証またはパスポート、マイナンバーカードを用意しましょう。

※日本国籍かつ、日本国内在住の満15才以上である必要あり

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカードまたは、個人番号カード
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • 官公庁から発行された書類

引っ越して現住所と免許証の住所が異なる……

こんな方はパスポートを使いましょう。

パスポートに住所を記載している人は少ないので、現住所を記入すれば問題なく審査は通るはずです。

④本人確認ビデオ認証

本人確認書類のアップロードが済んだら、本人確認ビデオ認証です。

ビデオ認証といっても、誰かと通話するわけではないので安心してください。

スマホ画面の指示に従って、身分証を胸元で持つだけです。

ただし混雑している時間帯はなかなか認証できないことがあります。

うまく認証できない時は、朝や夜など、時間をずらして試しましょう。

⑤ログイン設定

本人確認ビデオ認証を終えれば、最後にログイン設定です。

ログイン設定では、ログインのためのパスワードや秘密の質問を入力します。

設定が完了したら、初回ログインをしましょう。

初回ログイン

5つのステップをすべて終えたら、初回ログインです。

初回ログインでは設定した内容を入力していきます。

  • ユーザーID(メールアドレス)
  • パスワード

ログインが完了できたら、下記のステップに移ります。

支店名を選択

まず支店名を選択しましょう。

支店名は、振り込みの際や受け取る際に必要となりますので、必ず設定する必要があります。

とはいえ支店による特別な違いはないので、気に入った名前を選べばOKです。

支店番号支店名
002ハーバーブリッジ
003ブルックリンブリッジ
004レインボーブリッジ
005ポンヌフ
006タワーブリッジ
007ポンテベッキオ
008ゴールデンゲートブリッジ
201ピクシブ
202テンプスタッフ

口座の暗証番号を設定

次に口座の暗証番号を設定しましょう。

4桁の番号「〇〇〇〇」

暗証番号は入金や送金、預金などの取引の際に必要となる4桁の番号です。

お好きな4桁の番号を設定してください。

友達紹介コードの入力

最後に、みんなの銀行紹介コードの入力画面が出てきます。

ここで忘れずに紹介コードnunTZNCo」を入力しましょう。

入力し忘れすと、もらえるはずの1,500円が手に入らないので注意してください。

紹介特典の1,500円は普通預金(Wallet)には入らず、貯蓄預金(Saving)に入ります。

つまり貯蓄預金にお金が入っていても支払いには使えません。

なのでアプリで貯蓄預金から普通預金に1,500円を移しましょう。

自分の紹介コードを友人・家族に紹介しよう

「みんなの銀行」で口座開設したら友達や家族に紹介しましょう。

紹介コードを使って、みんなの銀行で口座開設すると最大45万円の現金が手に入る

たとえ30万円は無理だったとしても、確実に1,500円はあなたの手元に入ります。

この1,500円をもらうために特別なことは一切不要でしたよね。

紹介コードを使ってスマホで口座開設するだけ。

しかも無料。

たった10分の画面操作で「紹介した人」と「紹介された人」に1,500円の紹介金が振り込まれます。

なんかネズミ講みたいで怪しい……

こんな不安をお持ちの方はご安心ください。

紹介コードの上限人数「300人まで」。

つまり紹介者が得られる紹介金は最大45万円が限界となっています。

※上限を超えても、紹介してもらった人は紹介金1,500円を受け取れます

紹介コードのキャンペーンはいつまで?

「みんなの銀行」の紹介キャンペーンはいつまで続くのでしょうか。

公表はされていませんが、2022年に終わると推測できます。

なぜなら紹介キャンペーンは目標の獲得口座数に達したら終了するからです。

つまり紹介金の1,500円がもらえるのは今だけ!

キャンペーン終了の根拠は二つ挙げられます。

  1. みんなの銀行が目標とする口座数
  2. みんなの銀行のダウンロード数

まず注目すべきは、みんなの銀行が目標とする口座数。

運営企業の「ふくおかフィナンシャルグループ」が発表した株主向け説明資料を参考にします。

この説明資料によれば、2022年3月末までに「みんなの銀行」は40万口座の獲得を目指しています。

続いてチェックすべきは、みんなの銀行のダウンロード数。

みんなの銀行は2021年5月末のリリースから7月末までの2ヶ月で19万ダウンロードされました。

そして8.5万口座を達成したと産経新聞のインタビューで回答しています。

よってこの調子で口座数が増えるなら、

2022年3月末には40万口座を超えるでしょう。

つまり2022年にはキャンペーンが終了する、もしくは紹介金が減額される可能性は高いのです。

まとめ:ほかのお得なサービスもチェック!

本記事のまとめ

紹介した内容をもう一度まとめておきます。

  • みんなの銀行=スマホ完結ネットバンク
  • メリット:紹介キャンペーンで1,500円ゲット
  • デメリット:一般的な銀行と比較しなければ問題なし
  • Apple PayまたはGoogle Payで使える
  • 口座開設するなら紹介コード「nunTZNCo」
  • 紹介コードを友達に紹介して最大45万円もらえる
  • 紹介キャンペーンは2022年に終了するかも

みんなの銀行は1,500円もらえる紹介キャンペーンが超おトク!

まだ口座開設していない人はキャンペーンが終わる前にぜひご利用ください。

ほかにもお得なサービスをチェックしてたい方は、物置シェアリングサービス「モノオク」がオススメ!

お得情報
スポンサーリンク
多くの人がこの記事をシェアしています
ブロガー『さぼる』をフォローする
スキマプット

コメント