スキマプット

スキマ時間を徹底活用する営業マンのアウトプット

シェアリングエコノミー

エニカのカーシェアはお得?オーナー3つのメリット×デメリット

更新日:

本記事では、人気カーシェアサービスAnyca(エニカ)でオーナーをご検討の方に向けて、3つのメリットとデメリットをご紹介します。

結論から言って、エニカは、ほぼノーリスクで初期費用がかからないため、副業に適したサービスと言えます。

本記事に向いている方

  • 副業に興味がある
  • 車の維持費を抑えたい
  • 人と関わるのが好き

以降で、まとめていきます。

Anycaオーナーのメリット

エニカでオーナーをするメリットは3つあります。

  • ローリスクで副業できる
  • 車の維持費を抑えられる
  • 様々な人と交流できる

ローリスクで副業できる

副業をしたくても本業が忙しいと、なかなか時間を取れませんよね。

ましてや初期費用が必要となればなおさらです。

その点、Anycaであれば登録費無料な上、車さえあればすぐに始められるので、ローリスクな副業と言えます。

万が一の事故でも、エニカの自動車保険が適用されるので、オーナーの自動車保険を使うこと必要はありません。

等級が下がって翌年の保険料が上がる心配もないので安心を。

車の維持費を抑えられる

電車やバス通勤で、運転する機会がほとんどないという方であれば、使わない時にクルマを貸し出すことで維持費を抑えることにつながります。

エニカを使いこなしているオーナーであれば、維持費をかけずに、1,000万円近くする高級車のテスラに乗っていたりします。

様々な人と交流できる

エニカは、シェアリングエコノミーの一つなので、サービスを通じて様々な人と交流することができます。

ヒト対ヒトのやり取りなので、金銭的なやり取りだけでなく、お互いを尊重した気配りが大切です。

人と関わることに苦手意識がない方であれば、抵抗なく利用できるサービスと言えます。

Anycaオーナーのデメリット

エニカでオーナーをするデメリットは3つあります。

  • クルマに傷がつく可能性が高まる
  • クルマの走行距離が増える
  • 事前のやりとりが面倒

クルマに傷がつく可能性が高まる

ドライバーへクルマを貸し出す際は、傷の確認をお互いしておかないとトラブルの元になります。

また、細かな傷の場合、クルマが返却された際に見落としてしまう可能性もあるので、神経質な方は気を付けたいところです。

クルマの走行距離が増える

当たり前ですが、自分だけが使う以上にクルマの走行距離が増えてしまいます。

一応、貸し出すクルマの情報で走行距離制限の設定はできますが、ある程度距離数を多くしておかないと借りてもらえなくなるので難しいところです。

クルマの走行距離に応じて値段が変わる保険に入られている方は、考慮しておいた方がいいでしょう。

事前のやりとりが面倒

ドライバーからの問い合わせからクルマを貸し出すまでのやりとりが面倒です。

「クルマの引渡し場所」や「スケジュール合わせ」などは、すべてアプリのメッセージで連絡し合う必要があるので、めんどくさがりの方には大変かもしれません。

※電話でのやりとりはできません

また、やりとりがルーズであったり、対応が悪いとアカウントの評価を低くされてしまう場合もあるので注意が必要です。

まとめ:副業として始めるならオーナー登録

ご紹介した内容をもう一度まとめておきます。

✔️オーナーのメリット

  • ローリスクで副業できる
  • 車の維持費を抑えられる
  • 様々な人と交流できる

✔️オーナーのデメリット

  • クルマに傷がつく可能性が高まる
  • クルマの走行距離が増える
  • 事前のやりとりが面倒

メリットとデメリットを踏まえて、副業として始めるならオーナー登録をしましょう。

「登録ってどんなことするの?」と疑問をお持ちの方は、参考までにオーナー登録についてまとめた記事をご覧ください。

-シェアリングエコノミー
-

Copyright© スキマプット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.